【ゲラゲラ18禁】韓国初のセックス・ミュージアム「ラブランド」が超カオス! 日本人セックスの彫像からビッグサイズの手マン像まで…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
関連キーワード:

,

,

,

,

 顔ハメパネルコーナーではカップルで顔ハメできる。でも2人で顔ハメパネルの裏に回ってしまったら、誰がシャッターを切るんだよ? と思った。

『スーパーマンとワンダーウーマン』というそのものズバリの著作権侵害GO!! なタイトルの顔ハメパネルもあった。スーパーマンがワンダーウーマンのおっぱいをもみ、ワンダーウーマンが後ろ手にスーパーマンのチンコを握っている。

 顔ハメコーナーには、『マリリン・モンローとハゲワシ』というタイトルの彫像も置かれていた。

 下半身は『七年目の浮気』でスカートが捲れ上がったところをなのだが、上半身はハゲワシになっている。そして羽根を広げて股間にガッとくちばしを食い込ませている。

 いや……めっちゃ怖い。

 新手の妖怪のようである。

 そして進むと巨大像コーナーが現れた。地面にものすごい石で作られたデカイチンコがベローンと設置されている。どう思ったらいいかわからないが、めちゃくちゃうけてゲラゲラ笑っている女の人がいた。男性は少しひいていた。

 その横には、ものすごく大きい左手が地面から生えていた。なに? と思って見ると、地面が女性器になっていた。ビッグサイズの手マンの置物なのだ。なんかちょっとカッコイイぞ。

 シリーズごとに、いくつかの彫像が置いてあるコーナーもあった。

 まずは『世界のセックス』コーナーだ。

 日本人のセックスの彫像も作られていた。ちょんまげを結った侍っぽい人と、日本髪の女性がまぐわっている像だった。

 後からネットを見てみると、「なんか日本人とちがう」と不満を訴える声もあったが、他の国と見比べてみたらぜんぜんマシである。

 アフリカ人のセックス像は、部族のような格好をした男女が肩車をしている物だった。正座をして上に女性をのせて、男性のチンコギンギンになっていた。いやいや、新婚バージンの韓国人が、これがセックスだって勘違いしてやっちゃったらどうするんだ?

 その隣のギリシャ人のセックスはもっとひどい下半身がヒツジになっている。ギリシャ神話に出てくる精霊サティロスだろうか。全然、性教育にはなってないなあ。

関連キーワード

コメント

7:匿名 2019年3月11日 11:45 | 返信

セックス博物館...は良いとしても、センスが最悪。セックスに関する資料や考察があるわけでもなく、笑えるようなユーモアもなく、かといって芸術性があるわけでもない。
韓国人って本当にこんなもので喜んでいるのか?

6:匿名 2019年3月11日 10:50 | 返信

このライターの記事中のコメントがサムすぎる。

5:匿名 2019年3月10日 16:06 | 返信

いってみたいなー
お金払いたくないけど
韓国へも行きたくないけど

4:匿名 2019年3月10日 02:56 | 返信

なんか薄っぺらい作品ばかりだなぁ
秘宝館は馬鹿らしさの中にエロと昭和の本質が感じ取れて人をわくわくさせる何かが
あるけど、これはなんか置かなきゃいけないからとりあえず作りました感がある

3:匿名 2019年3月9日 22:07 | 返信

韓国人は精神的に大人になれていない民族だということがよく解る良い記事だ。

2:匿名 2019年3月9日 16:49 | 返信

昔、日本にも秘宝館という成人向レジャーがあったが、これはヤバいな。子供でも入れなくても見られそうじゃん。韓国は性犯罪が多く、モルゲッソヨなんて言う、理解不能な銅像を五輪で建てたからな。

1:匿名 2019年3月9日 16:36 | 返信

war2ちうは倍春フ現在ワールドワイド派遣ちう。国技館てか国技グラウンド、恥は我々の脳にはない。生活の糧米やで。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。