退役したはずの伝説的ステルス戦闘機「F-117」が極秘裏に復活か!? すでに実戦“再投入”も… 米軍のヤバすぎる思惑とは?

――軍事研究家・塩原逸郎が緊急寄稿!

【緊急】退役したはずの伝説的ステルス戦闘機「F-117」が極秘裏に復活か!? すでに実戦再投入も… 米軍のヤバすぎる思惑とは?の画像1
F-117。画像は「The Aviationist」より引用


 F-117(通称:ナイトホーク)という航空機をご存知であろうか? 米ロッキード社が80年代に開発した、世界初のステルス攻撃機である。黒い塗装とレーダーに映りにくくするための角張ったデザインが特徴で、その姿はまさにUFOを想起させる。「アメリカがUFOの技術を取り入れて開発したのではないか?」と考える陰謀論ファンも存在する程だ。

 F-117は1989年の米軍パナマ侵攻時に初めて実戦に参加し、それ以来湾岸戦争・ユーゴスラビア空爆・イラク戦争と数々の戦争に投入されてきた。しかも、損害はユーゴ空爆時に撃墜されたただ1例があるのみの、極めて優秀なステルス機である。しかしながら、同時にデリケートな機体でもあるため、維持・管理コストがかさむことから2008年には全機が退役したと公式には伝えられている。

 ところが昨今、退役したはずのF-117の目撃情報が相次ぐようになった

 航空機専門サイト「The Aviationist」 2019年2月27日付の記事によれば、同日米デスバレー上空を飛行するF-117を複数の人物が目撃し、写真や動画撮影に成功している。デスバレーは、かのエリア51の近隣に位置している。

【緊急】退役したはずの伝説的ステルス戦闘機「F-117」が極秘裏に復活か!? すでに実戦再投入も… 米軍のヤバすぎる思惑とは?の画像2
画像は「The Aviationist」より引用

 更に、同「The Aviationist」 3月2日付の記事によれば、2017年にF-117 4機がシリアにおいて密かに空爆を実施したという。

 退役したはずのF-117がなぜ現在においても飛行し、ましてや実戦に投入されているのだろうか?

 軍事研究家である筆者は、米空軍はF-117を秘密裏に現役に復帰させ、存在しないはずの飛行隊を編成していると分析する。極秘に存在し、公的にはその存在を認めない部隊は、実は軍事の世界ではよく見られるものだ。例えば、米陸軍特殊部隊「デルタフォース」は、著名な部隊であるものの、アメリカ政府は未だその存在を公的には認めていない。こうした例は日本でもあり、北朝鮮工作船の対応にあたったとされる海上保安庁の特殊部隊SST(Special Security Team: 特殊警備隊)は、95年に発足したものの2000年代になるまで存在の公表はなされなかった。

人気連載
6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

■2020年6月1日~7日「今週の不幸を回避し、運命を劇...

人気連載
村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】  縁は異なもの味なもの...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ