【閲覧注意】4歳幼児が赤ん坊を壮絶虐待、握り拳で顔面をメチャクチャ殴打の衝撃映像! 虐待は親→幼児だけではない!=中国

関連キーワード:

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】4歳幼児が赤ん坊を壮絶虐待、握り拳で顔面をメチャクチャ殴打の衝撃映像! 虐待は親→幼児だけではない!=中国の画像1画像は、「Liveleak」より

 千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛さん(10)が自宅で死亡し、今年1~2月にかけて父親の勇一郎容疑者(41)と母親のなぎさ容疑者(31)が傷害容疑で逮捕された。虐待の様子は動画撮影されており、心愛さんが「お父さん、ごめんなさい」などと泣きながら謝る姿も映っていたという。相次ぐ子供の虐待死を受け、安倍晋三首相は今月4日、政府が今国会に提出を予定する児童福祉法と児童虐待防止法の改正案で、親による子供への体罰禁止を法定化すると明言した。

 児童虐待防止の議論が過熱する一方で、虐待が親から子に対して行われるとは限らないという点は残念ながら見落とされている。このことを実感させられる恐ろしい映像が、海外の動画共有サイト「LiveLeak」で公開されている。

 動画は、中国東部に位置する浙江省嘉興市で先月7日に撮影された。ベッドの上で寝ている赤ん坊と少女ーー赤ん坊は生後1カ月未満、少女は赤ん坊のいとこで4歳だという。少女は握り拳で赤ん坊の顔面を激しく殴打する。少女は癇癪を起しているのか、赤ん坊をとにかく殴りまくる。音声の無いモノクロ映像だが、幼児が赤ん坊を虐待するおぞましさに、思わず目を背けたくなる。

 海外のポータルサイト「Viral Tab」には、負傷した赤ん坊の顔写真も掲載されている。目元や頬が紫色に変色し、皮膚のところどころに血が滲んでいる。4歳児の拳とはいえ、赤ん坊の顔をボロボロにすることはできるようだ。

 赤ん坊の母親は、この写真を公開すると同時にいとこの両親が謝罪したと述べている。そして、義母のお気に入りの孫であるいとこをこれ以上は非難できないと付け加えた。赤ん坊は地元の病院で診察を受け、負傷していないことが確認された。4歳児が赤ん坊を殴った理由は明らかになっていない。今回の事件に警察が介入したかどうかは不明である。

 動画からもわかる通り、大人が目を離している状況下、幼児が赤ん坊を虐待することもあり得るのだ。児童虐待はどこにでも潜んでいるという事実を忘れてはならない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?