近親相姦、ゾンビ、人肉食…超過激ゲーム「レイプデイ」がリリース間近! シリアルキラーの主人公、ソシオパス向けストーリーに戦慄!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 レイプデイ開発者のデスク・プラント氏は、レイプデイを「全人口の4%にあたるソシオパスに向けて作ったゲーム」であり、暴力行為を賞賛する「グランド・セフト・オート」などの先行ゲームと同列にあるものだと語っている。暴力ゲームは犯罪を助長する危険があるとよく言われてるが、そうした批判に対してもデスク・プラント氏はひるまない。

画像は「One Angry Gamer」より引用

 

「多くの人はフィクションと現実を実に上手く区別している。それができない人間はゲームをすべきではない。ゲームの要点は、現実世界でできないことを行い、経験することだ。もしゲームや映画が現実生活と同じものになってしまったら、ひどく退屈だろう」(デスク・プラント氏)

 と反論している上、レイプデイはSteamのポリシーに完全に則っていると主張している。

 確かにデスク・プラント氏が言うことにも一理あるだろう。暴力行為の表現規制はゲームに限らず、映画や小説などあらゆる表現活動を乏しくしてしまう。かねてより日本では「陵辱ゲー(陵辱もの)」と呼ばれる強姦ジャンルや「リョナ」と呼ばれる暴力・殺人ジャンルの“エロゲー”が存在していることも言ってみれば“表現の自由”のためである。

 とはいえ、強姦・暴力行為をしむことが主眼に置かれたゲームを手放しに正当化して良いものだろうか? これが悩み所だ。すぐに答えが出る問題ではないが、レイプデイが議論を活発化してくれることに期待したい。

 

参考:「Daily Mail」、ほか

編集部

コメント

4:トランプ大統領 2019年3月7日 03:43 | 返信

エロゲーというよりもレイプも出来るゲームの方がいい。
子供を作って育てることも出来る育成的なことも出来ればと思う。
エロゲ―はストーリーが短いし単純だからすぐ飽きるのだ。
PC版だと私のパソコンのスペック的に出来ないので、まず買うことは無い。
そもそもエロゲ―やらん。
やはり人間を加工したり埋めたりして死体を隠すことが出来ないと面白くない。
ゾンビゲームは特に何度も出てきたりするとうんざりするので
抹殺するとクリアになるとか有ってもいいと思うのだが?中々ないので残念だ。
あのような動き回りゲームは建物を破壊したり人間を殺害したら
建設者がいない限り元に戻らんようにしてもらいたい。
何度も同じ作業をするのが鬱陶しいのだ。お前ら、全員肉骨粉にしてやるってゴミ収集車で人間を回収して工場に持って行くのならやりがいがあっていいのだがな。ただ銃で撃ち殺したりするだけでは満足いかないし死体処理しないと腐って病気が移ったりすると思うのだ。
もう少しリアルに作ってもらえると有難い。
因みに今はコナンアウトキャストをプレイ中だ。
パッケージには奴隷を従えて世界征服しろと書いてある。俺か?

3:匿名 2019年3月6日 18:50 | 返信

女子キャラ見る限り微妙だなー
可愛いロリがいi…、ゲフンゲフン
やっぱり2次元がいいなぁ
なんかレイプされてるのに感じて
嬉しそうに白目むいたり
首締めたらアヘ顔してそうなのは嫌だなぁ

2:匿名 2019年3月6日 18:19 | 返信

ゾンビのことをレイプできたら神ゲー

1:匿名 2019年3月6日 18:16 | 返信

男が男にもレイプできるゲームなのだろうか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。