【伝説の閲覧注意】全世界が震えた「史上最も美しい飛び降り自殺死体」! 全身が液状化して… “自らの消滅を願った”美女の悲劇=米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

画像は、「Codex 99」より

 1947年5月12日発刊の「LIFE」誌に、1枚の衝撃的な写真が掲載された。「史上最も美しい飛び降り自殺死体」と呼ばれるその写真は、米ニューヨーク州マンハッタンで簿記係として働いていた女性、エブリン・マクヘイル(当時23)の遺体を写したものだった。

 同年5月1日午前10時30分前、エブリンはエンパイア・ステート・ビルの86階展望台(高さ320メートル)の切符を購入した。その10分後、交差点で交通整理をしていた巡査のジョン・モリッシーが、ビルの上から白いスカーフが舞い落ちてくることに気づいた。そして次の瞬間、激しい衝撃音を聞いた。

 エブリンは展望台から身を投げ、駐車中だった国連のキャデラックリムジンに激突したのだ。通りを歩いていた写真学校の学生、ロバート・C・ワイルズは衝撃音を聞き、現場に駆けつけると、エブリンの遺体を写真に収めた。死後4分後に撮影されたというエブリンの遺体には目立った外傷がなく、まるで眠っているような姿だった。リムジンのガラスが粉砕されて散らばっているが、大きく歪んだ金属板はまるでエブリンを包み込むシーツに見える。報道によると、遺体は液状化していたため、移動させようとしたらバラバラに崩れてしまったという。

 写真が有名になった一方、エブリンの自殺については情報が少ない。彼女はカリフォルニア州の都市バークレーで1923年9月20日、7人兄弟の6番目として生まれた。幼少期に母親がうつ病にかかって家事を放棄し、両親は離婚。エブリンは金融検査官の父に他の兄弟と一緒に引き取られた。高校卒業後はミズーリ州の都市セントルイスで陸軍婦人部隊員に所属し、後に兄や義理の妹と一緒にマンハッタンへと移り住み、簿記係として生計を立て始めた。そして、ペンシルベニア州出身の大学生、バリー・ローズと交際して婚約した。

 しかし、エブリンの人生には常に暗い影が付きまとっていた。エブリンは母親のうつ病を受け継いでいたのだ。1946年の夏、エブリンはバリーの弟の結婚式で花嫁介添人を務めた。式の後、エブリンは「もう二度とこんなの見たくない」と取り乱し、自分のドレスを引きちぎったという。バリーは後に「彼女は僕の妻になる資格がないと不安を感じてしまい、思い悩んでしまったのでしょう。僕はそれは馬鹿げた考えだと彼女を説得しました」と語っている。

 翌年4月30日、エブリンは思い立ったようにバリーに「お別れのキス」をすると列車に飛び乗り、エンパイア・ステート・ビルにやって来て、86階展望台から飛び降りた。展望台の手すりにはコートが畳んで掛けられており、化粧品箱と黒い手帳も残されていた。手帳には次のように書かれていた。

「家族にも家族以外の人にも、自分のあらゆる部分を見られたくありません。私の死体を火葬にして破壊してもらえませんか? (これを読んでいる)あなたと私の家族にお願いがあります。私の葬式も、形見を取っておくこともしないでください。婚約者は、6月に結婚しようと言ってくれました。でも、私は誰かの良い妻になれないと思っています。彼は私がいないほうがずっと幸せです。父が言うには、私は母の気質をあまりに多く受け継いでいます」

 エブリンの遺体を映した写真は、ポップアートの旗手であるアンディ・ウォーホルやミュージシャンのデヴィッド・ボウイの作品にも引用され、さらに有名になった。遺書まで残して自らの消滅を願ったエブリンは、逆に人々の記憶にいつまでも残り続けることとなったのだ。なんとも皮肉な結末である。

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

1:匿名 2019年3月8日 05:15 | 返信

初めてモノクロ写真を良いと思った。
ただ、上に写り込んでるおっさんの顔が残念。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?