また「火星の人面岩」が発見される! しかもオルメカ文明の“アノ彫像”に酷似… 地球文明は火星が起源で確定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
画像は「YouTube」より引用

 

 先日、火星で「ゴブリンの顔面岩」が発見されたことをお伝えしたばかりだが、今度は古代文明のルーツと見られる石の彫像が見つかっていたことが明らかになった。

 3月7日付の英紙「Express」が紹介しているのは、UFO探究ブログ「ArtAlien TV」の運営者であり、衛星画像専門家のジョセフ・ホワイトが2015年11月に発見した火星の人面岩である。

 まずは問題の画像をご覧頂こう。NASAオリジナル画像はコチラから(2014-02-26 06:44:09 UTC)。

画像は「YouTube」より引用

 

 これはNASA火星探査機「キュリオシティ」が撮影したとされる画像だ。よく見てみると赤い火星の大地におかしなものが写り込んでいる。目、鼻、口が確認できることから、人あるいは宇宙人の顔のようだ。ホワイト氏によると、首から下は砂の中に埋もれているだけであり、顔だけの像ではないという。

「最初に気付いたのは、目と鼻、そして口です。頭部はいわゆるコーンヘッドですね」(ホワイト氏)

 ホワイト氏はこの彫像が中南米に見られる石像に酷似していると指摘。確かに紀元前1200~紀元前後にメキシコで繁栄したオルメカ文明の巨頭(オルメカ・ヘッド)にそっくりだ。

画像は「Express」より引用

関連キーワード

コメント

5:匿名 2019年3月11日 10:11 | 返信

またか。無理やりすぎ

4:匿名 2019年3月10日 21:27 | 返信

オルメカには全然似てないけど確かに顔だな!これをオルメカって言うのは無理がある。だからコイツの発言は信憑性に欠けるんだよな!こじつけがすぎる!

3:匿名 2019年3月10日 21:15 | 返信

昭和時代の心霊写真?

2:匿名 2019年3月10日 20:07 | 返信

小学生のコメント。
「ぜんぜん違う」

1:匿名 2019年3月10日 18:37 | 返信

恣意的に加工した画像でなに語ってんでしょうねえ

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。