いじめられっ子の大復讐! クラスメイト全員の水筒に接着剤を入れ、25人が病院送りに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

【日刊サイゾーより】

 今年2月、新潟市の私立高校の1年生の男子生徒2人が、同級生らから蹴られたり殴られたりする動画がインターネット上に投稿され、話題となったが、いじめが社会問題となっているのはどこの国も同じ。

 そんな中、トルコでは、いじめられっ子がクラスメイトに復讐するという事件が起こった。

 トルコ西部のブルサ県にある小学校で、体育の授業から教室に戻ってきた児童たちが水筒に入れていた水を飲んだところ、しばらくして体の不調を訴える児童が続出。そのうち25人が病院に搬送され、治療を受けることとなった。

 学校側が調査したところ、いじめられていた9歳の児童が、仕返しをするため、体育の授業中にクラスメイト全員の水筒の中に接着剤を混入していたことが判明した。幸い、病院に搬送された児童たちは大事に至らず、治療後、家へ帰されたという。

 トルコの法律では14歳未満の子どもは罪に問われないため、この件について警察が動くことはないようだ。

 一方、アメリカでは、昨年2月、いじめを受けていた12歳の女子中学生が校内で銃を乱射し、5人が重軽傷を負うという事件が起きている。それに比べるとトルコの事件はかわいいようにも思えるが、一歩間違えば大惨事となっていた可能性もある。 

 いじめのニュースが続く日本でも、いつ同じような事件が起こってもおかしくないだろう。

編集部

関連記事

    関連キーワード

    コメント

    3:匿名 2019年3月15日 00:59 | 返信

    報復はよくない。けれどその前に、いじめは犯罪である。いじめを行う人間をきちんと立件し逮捕できていれば、報復まで至り、いじめを受けた人の人生までめちゃくちゃにはならなかったろう。

    2:匿名 2019年3月10日 10:40 | 返信

    ぐっじょぶ

    1:匿名希望 2019年3月9日 20:05 | 返信

    私もいじめられっこでしたが、いじめっ子は可哀想な家庭環境で育った人間だと思いけっつして反抗しなかった

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。