【閲覧注意】おっぱいに無数の針と釘を刺して“針刺し”となった女! ハードすぎるSM「ニードルプレイ」で得られる快感とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

画像は、「LiveGore.com」より

 肉体を傷つけるほどの苦痛を伴うSMプレイは「ハードSM」という。鞭打ちやロウソク責め、スパンキングはハードSMの代表といえるだろう。中には、乳房や性器をはじめ肉体に針を刺す「ニードルプレイ」「針責め」と呼ばれるジャンルも存在する。海外では「プレイピアッシング」とも呼ばれ、通常のピアスが耳などに装着するアクセサリーであるのとは対照的に、性的快楽や自己表現のため一時的に針を刺すのだ。そんなニードルプレイを映した動画を海外の過激動画サイト「LiveGore.com」から紹介しよう。

 全裸の女性が乳房をテーブルの上に載せた状態で座っている。その乳房は何本もの釘で固定され、針も数多く刺さっている。まるで裁縫で使う“針刺し”のようにされてしまった彼女は、果たして本当に快感を得ているのだろうか? どうやらそんなことはなさそうだ。彼女がすすり泣いているからだ。演出として泣いているのではなく、本当に苦痛に耐えているようにも見える。過激なAV作品に出演してしまったばかりに、想定外の拷問を受けてしまったのかもしれない。

 ニードルプレイというと、この動画のようなおぞましいイメージが付きまとう。一方、ニードルプレイの真の愛好者は、皮膚に針を通すことで快感や悦びを得ている。英紙「The Daily Mail」(2018年6月25日付)は、オーストラリア・ビクトリア州メルボルンに住む女性、ジルフさん(43)を紹介している。彼女は20年以上にわたりニードルプレイを楽しんできた“苦痛と快楽のエキスパート”で、ニードルプレイの世界記録も保持している。3年前には、親友のサポートを受けながら、なんと4700本もの針で背中を埋め尽くしたというから驚きだ。9カ月の期間を計画や調査などに費やして実現された世界一のニードルプレイを振り返って、ジルフさんは「素晴らしい経験を(関係者の皆さんと)共有できました。決して忘れられません」と語る。

 ニードルプレイは、技術者が皮膚や針の衛生管理に配慮して実施する限り、激しい痛みを伴ったり感染症になったりすることはないという。一方、今回紹介した動画のような過激AV作品の撮影現場やSM専門店でのプレイで衛生管理が徹底されているとは限らない。ニードルプレイに挑戦する者は、皮膚に針を通すリスクも十分に理解しておく必要があるだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

2:トランプ大統領 2019年3月12日 15:46 | 返信

Queen snakeで検索!!

1:匿名 2019年3月11日 20:52 | 返信

真の対女サディストなら
これくらいやらないと満足しないよね

コメントする

トランプ大統領のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?