櫻井翔、加瀬亮、ユージ…実は肉親が“大物”な芸能人4人! 超大物社長や大スターの息子も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

●ユージ

画像は、「ユージ」公式Instagramより

 お次はタレントのユージ(31)。彼は2017年にブログで、第2の母と慕う“河村さん”とのツーショット写真を披露。「僕は母子家庭で育ったので母が家にいない時はベビーシッターの河村さんが家に来てくれていました。僕が小さい時からずーっと一緒にいてくれたので、僕にとっては母のような存在です」と明かしている。

 そんな彼の実の母親はアメリカのモデルで、父親は俳優のマイケル・ゴードン。『バッドボーイズ2バッド』や『トランスポーター2』などに出演していたハリウッド俳優で、彼が幼い頃に離婚している。一見父親とはもう関わりがないように思えるが、2014年に第1子を授かった際、父親から“出産祝い”が届いたことをブログで報告。写真にはディズニーの人形など、いかにも“アメリカっぽい”おもちゃが写されていた。

 

●加瀬亮

画像は、「加瀬亮」公式サイトより

 最後は俳優の加瀬亮(44)。彼の父親は「双日株式会社」の元代表取締役会長・加瀬豊(72)で、「アステラス製薬」の社外取締役なども務めてきた超大物。かなり恵まれた家庭で育ったように思えるが、俳優を志すにあたって父親とぶつかることもあったという。

 そんな彼も今では俳優として大活躍しており、ファンからは「イケメンだし演技が上手い!」「顔だけじゃない本物の俳優だと思う」「ナチュラルだけど気迫のある演技が好き」との声が。今年夏に公開される日本とウズベキスタンの合作映画『旅のおわり世界のはじまり』への出演も決まっており、黒沢清(63)監督と5度目のタッグを組む。確かに“おぼっちゃま”と呼ばれる環境で育った加瀬亮だが、現在の活躍に父親の地位はあまり関係なさそうだ。

(文=ヤーコン大助)

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。