「クンニ死」しかけた女の脳内で起きていた超ヤバい変化とは!? 痙攣・硬直、意識飛び… ガチで逝きそうになった壮絶事件が発生!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
画像は「getty images」より引用

 

 英紙「Daily Mail」(3月12日付)によると、医学ジャーナル「BMJ Case Reports」に、“クンニ死”しかけた女性の事例が掲載され、大きな話題になっているという。

 2018年10月、英・ウェストミドルセックス大学病院に、ウェストロンドンに住む当時44歳の女性(匿名、仮にAさんとする)が駆け込んだ。彼女はパートナー(性別不明)にクンニリングスをしてもらっている最中、急に体が痙攣し、硬直したというのだ。オーガズムに近づくと筋肉が緊張することは誰にでも起こることだが、彼女の場合は違った。

画像は「getty images」より引用

 Aさんは病院に到着した際には、軽い頭痛を訴えるのみで吐き気もなかったそうだが、急に意識を失ったという。医師は慌ててAさんの脳をCTスキャンしたところ驚きの事実が発覚した。

 なんと、彼女はクモ膜下出血を引き起こしていたのだ。医師らによると、セックス中に血圧が高まることで、脳内の血管が破裂することはこれまでにも報告されているという。そして、オーラルセックスでも同様の事象は起こるとのことだ。

「性行為中の動脈をモニターした過去の研究では、セックス中に血圧、心拍数が変化し、オーガズムにおいて著しい上昇を見せることが分かっている」(同論文)

コメント

2:匿名 2019年3月15日 12:36 | 返信

脳梗塞発症前の女性は淫乱になるというのもありましたね。

1:匿名 2019年3月14日 13:31 | 返信

シコってる最中に頭が割れそうに痛くなる事があったがそういうことだったのか
まぁ 痛みに耐えながらドピュったけどね

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。