アメリカは第三次世界大戦でロシアor中国に敗北すると判明! 米シンクタンクがシミュレーション結果発表、詳細は…!?

関連キーワード:

,

,

,

アメリカは第三次世界大戦でロシアor中国に敗北すると判明! 米シンクタンクがシミュレーション結果発表、詳細は…!?の画像1
イメージ画像は「Getty Images」より引用

 第三次世界大戦が勃発した場合、米国はロシアと中国に負ける――。米国のシンクタンクのシミュレーション結果に波紋が広がっている。

 3月7日付で軍事ニュースサイト「Breaking Defense」に掲載された記事によると、この衝撃的なシミュレーション結果を発表したのは米シンクタンク「ランド研究所」である。シミュレーションでは陸、海、空、宇宙空間、サイバースペースを舞台に、米国と他の軍事大国との間で起こる戦争について様々なシナリオが検討された。だが、そのほとんどのシナリオで、米国とその同盟国は敵である中国やロシアに敗北を喫するというのである。

 米軍には年間で7千億ドル(約78兆円)以上という他国を圧倒する多額の予算をつぎ込まれており、原子力空母から超音速のステルス戦闘機まで最新鋭の装備を有しているのは誰もが知る通りだ。それなのになぜ、米軍は中国やロシアに負けるのか?

 元米国国防副長官で軍事と戦略のスペシャリストであるロバート・ワーク氏は、中距離の精密誘導ミサイルの危険性を挙げる。米軍のF-35戦闘機は空においては最強かもしれないが、どんな飛行機も離着陸する基地や空母が必要となる。中国やロシアは基地や艦隊をピンポイントでミサイル攻撃する能力をすでに持っており、戦闘機は空に飛べず地上で破壊されてしまうと懸念している。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ