【NGT山口真帆】運営側の“反論封じ”失敗か!? AKB48選抜総選挙が開催されない理由も関係している可能性

関連キーワード:

,

,

,

 

 NGT48山口真帆(23)が昨年12月8日、暴行被害に遭った事件で、グループを運営する「AKS」は22日、新潟市内で、弁護士3人による第三者委員会の調査報告書の説明会を行った。会見冒頭のあいさつで、松村取締役は「山口に事故を遭わせ、メンバーや父兄の方の心にも深い傷を負わせたことをお詫びし申し訳ないと思う」と謝罪。

 しかし、会見中、動画中継を見ていると思われる山口が「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました」とツイート。「 私が謝罪を拒んだら、 「山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる」と言われました。 他のメンバーにそんなことさせられないから、私は謝りました」との投稿内容の確認を迫られる場面があったが、松村氏は「メンバーなので、こういう事実、謝罪を強要することは一切ありません」と否定し、現在話題になっている。

 AKB48グループといえば、今月13日、毎年恒例の風物詩「選抜総選挙」を開催しないことをオフィシャルサイトで発表した。

「13日夜になって突然『総選挙開催せず』と発表した。このタイミングにしたのは、ピエール瀧とゴマキのニュースがあったからに他ならない。翌日のワイドショーはこの2本で行くとほぼ決まっていたから。運営サイドは総選挙のニュースが大々的に報じられることを望んでおらず、2つの大きな事件、騒動に便乗して急遽発表した」(ワイドショーデスク)

 しかし、さらに大きな理由としては、やはりNGT48の山口真帆に対する暴行事件の影響が尾を引いていたからといわれている。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ