【閲覧注意】ナイフで眼球えぐり出し、鉄串が顔貫通…! スーフィー教の奇祭「ウルス祭」が今年もヤバすぎる!=インド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

画像は、「The Daily Mail」より

 ナイフで自らの眼球をえぐり出す男、鉄串で自らの舌や頬を貫く男――。思わず目を背けたくなる行為に及ぶ男たちの姿をとらえた写真が、英紙「The Daily Mail」などで紹介されている。これらの写真は、インド・ラージャスターン州の都市アジュメールで6日間にわたり行われた「ウルス祭」のワンシーンを写したものだ。

 以前トカナでも紹介した通り、ウルス祭はイスラム神秘主義「スーフィー教」の祭りで、スーフィー聖者のムイーヌッディーン・チシュティー師(1141~1236)を称えることを目的とする。ウルス祭参加者のうち、熱狂的なスーフィー教徒は、ムイーヌッディーン・チシュティー廟で行われるパレードに参加し、写真のように自らの身体を傷つける。こうした自傷行為は信仰の証を表すとされる。

 スーフィー教は、唯一神アッラーとの合一を目指して清貧行に励む宗派だが、祈りの中に音楽や舞踏を積極的に取り入れている点に特徴がある。イスラム教の他の宗派は、音楽を官能的な快楽をもたらすものとして教義上認めていない場合が多い。一方、スーフィー教は、民族音楽やさまざまな楽器を受容しながら「スーフィー音楽」を発展させてきた。

 スーフィー音楽は宗教音楽の枠を超え、文化として世界各地で広がりを見せている。トルコの首都アンカラでは今月11日、大統領主催のコンサートが開催された。このコンサートでは、クラシック音楽に加えてスーフィー音楽もテーマとされ、総勢60名のアーティストによってスーフィー音楽が演奏された。また、インド・デリー出身の歌手、ハーシュディープ・カウアーさんはスーフィーシンガーとして国内で幅広い人気を誇る。カウアーさんはインドの多様な言語で歌い、インド映画業界ボリウッドでも活躍している。

 ウルス祭の写真を見ると、スーフィー教に狂信的な宗教のイメージを抱くかもしれない。しかし、彼らの音楽のように、他の宗教や文化とも親和性が高い側面があることも理解しておくべきだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

2:匿名 2019年3月18日 00:43 | 返信

簡単に目玉がとれたりくっついたりする漫画があることを考えれば別に不思議なことではないのかも(テキトー)。

1:匿名 2019年3月17日 23:38 | 返信

目玉は元に戻せそうな…

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?