【閲覧注意】究極変態アナルオナニー「肛門の爆竹」に魅せられた男! 爆発後、尻から真っ赤な愛液…!

関連キーワード:

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】究極変態アナルオナニー「肛門の爆竹」に魅せられた男! 爆発後、尻から真っ赤な愛液…!の画像1画像は、「BestGore」より

 東京・両国国技館で先月16日、プロレスイベント「マッスルマニア 2019 in 両国~俺たちのセカンドキャリア~」が開催された。同イベントにゲスト出演した南海キャンディーズ・山里亮太は、同じくゲスト出演した安田大サーカス・クロちゃんをかばう形で“肛門爆破”を受けることとなった。ステージ上にうつ伏せになった山里の肛門にロケット花火が挿入され、スイッチが押されると――ドカン! と大きな音が鳴り響いて、山里のお尻から炎が噴き出した。今年1月に虫垂炎の手術を受けたばかりの山里は、病み上がりでありながら人生3度目の肛門爆破でイベントを盛り上げたのだった。

 肛門爆破というと山里の専売特許のように思われるかもしれない。しかし、似たようなことをしている人々は世界中におり、“firecracker butt”などのキーワードでYouTubeを検索すると、肛門で花火を爆発させる動画がたくさんヒットする。バリエーションはさまざまだが、剥き出しのお尻にロケット花火を突き刺して点火する動画が多い。激しく炎を噴き出す彼らの姿は、ロボットアニメに登場するヒーローさながらである。もちろん、空を飛ぶわけではないが……。

 このようにアナルを使った花火遊びが危険であることは、今さら指摘するまでもない。「絶対に真似をしないように」という注意喚起も見られるが、好奇心旺盛な人、もしくは炎上狙いのYouTuberなどは、危険を顧みずにチャレンジする。さらには、アナルオナニーの延長で肛門爆破を行う者もいるのだから驚きだ。そんな強者の自撮り動画を、海外の過激ニュースサイト「BestGore」から紹介しよう。

 M字開脚した男性が、爆竹を詰めた丸い玉をアナルに押し込んだ。ライターで導火線に点火すると、間もなく爆竹が大爆発。バンッという激しい音が鳴り響き、玉の破片が肛門の外に飛び散った。その後、残った破片がまるでウンコのように肛門から捻り出される。傷を負った直腸は出血しているが、そんなことお構いなしに男性は肛門を押し広げ、血まみれの内部を指でいじくり回す。しかも、彼は1回では飽き足りず、さらにもう一発、爆竹の玉をアナルにねじ込んで爆発させるドMっぷり! 2発分のダメージはかなり大きかったようで、肛門からはドロドロと鮮血があふれ出した。

 この動画の男性は、過去にもタバスコソースを肛門にぶち込んだり、カプセル型の洗濯洗剤で直腸を洗浄したりと、かなりのアナルオナニーマニアだ。そんな彼だからこそ、アナルで2発も爆竹を爆発させることができたのだろう。一般人が同じことをしたら、肛門が使い物にならなくなるかもしれない。いかなる理由があろうとも、肛門で花火遊びをしてはいけない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?