ピエール瀧はなぜ韓国紙幣でコカイン吸引? 元売人に取材「コカインの実態は…」

関連キーワード:

,

,

,

,

ピエール瀧はなぜ韓国紙幣でコカイン吸引? 元売人に取材「コカインの実態は…」の画像1
画像は「ANNnewsCH」より引用

 世間を驚かせたミュージシャンで俳優として人気の高いピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)が厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されて3日目になる。

 色々な情報が漏れ伝わってきた。

 捜査関係者の話によると、コカインの陽性反応は最大で1~2日と言われているが、常習者になると1週間でも出る場合があるという。瀧容疑者は、現在東京・江東区にある湾岸警察署でマトリの取り調べを受けている。その際の供述で「睡眠はとれるが食欲は無い」などとショックの様子だが、徐々にコカインや他の薬物に対して素直に供述を始めているという。

 その中で漏れ伝わってきた話として、逮捕された瀧容疑者は薬物の使用歴が長いことを供述しているという。自身の薬物歴はコカインをはじめ大麻なども常習しており、20代の頃から始めて薬物歴は30年近くにも及ぶとみられている

 それだけ長い薬物の摂取歴があれば、使用して数日経っても反応が出るのは当たり前であろう。

 当初の報道では瀧容疑者は10日に大阪でライブ出演の後に、一度帰宅して翌日に外出、12日のマトリのガサ入れの際には既にコカインの使用を認めていたとも報道されており、コカインの摂取は大阪のライブの際、またその翌日、逮捕当日の12日に自宅で摂取した可能性が高いと報じたメディアもあったが、実際に使用したのは、それだけではないとみられている。

関連キーワード