「フジ女子アナの大御所に素晴らしい人材がいる」TV局関係者らが大絶賛するアナウンサーとは!? 「彼女がいればアイドル風情の女子アナも不要」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
「フジ女子アナの大御所に素晴らしい人材がいる」TV局関係者らが大絶賛するアナウンサーとは!? 「彼女がいればアイドル風情の女子アナも不要」の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 

 かつてアナウンサーがフリー転身を図るのは30代もしくは40代が相場であった。局アナとしてキャリアを積んで満を持してのフリー転身だったが、最近では入社から10年経たずに辞めるケースが続出している。TBSでは吉田明世アナに宇垣美里アナ、テレビ朝日でも小川彩佳アナが退社している。これに関しては一極集中が原因にあるという。

「フリーのほうが儲かるという事情もありますが、今はどこの局も人気が出たアナウンサーは各番組が起用したがるので、一部のアナウンサーに仕事が集中しがちです。一方で、同じ年収なのに週休2日で18時には退社するアナウンサーもいて、自分の裁量で仕事のボリュームを調整したいとフリー転身を早期にはかるアナウンサーが増えているんです」(テレビ局関係者)

 たしかに会社員である以上、年収は一定だ。それにもかかわらず真夜中に出社して早朝番組を帯で担当するなど、プライベートを犠牲にした日々を自分だけ過ごすとなれば不平不満も出てくるはずだ。

「こうした状況が各局で起こり、尚且つ先輩の疲弊した姿を入社直後に見て早々にフリーになる若手も増えています。そのため、特にフジテレビは女性アナウンサーが大幅に不足していて、4月からの夕方の報道番組に加藤綾子アナというフリー転身組を起用しなければならない事態に陥っています」(同)

 各社とも悩んでいるとのことだが、特にフジテレビは人気アナの存在が当たり前だったこともあり、反動で寂しさが際立つ。

 しかし、フジテレビの女性アナウンサーに詳しい関係者からは否定の声が聞かれた。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。