「年をとると時間が早く過ぎる」本当の理由が遂に判明! 米大学教授の新仮説に衝撃…鍵は“サッカード運動”!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

,

,

,

「年をとると時間が早く過ぎる」本当の理由が遂に判明! 米大学教授の新仮説に衝撃…鍵はサッカード運動!の画像1
画像は「Big Think」より引用

 

 加齢とともに月日が過ぎるのが早く感じられるのは何故か? その理由がついに明らかになったかもしれない。

 知的情報サイト「Big Think」(3月24日付)によると、米デューク大学の技術エンジニアであるエイドリアン・ベジャン氏が、加齢とともに時間が“加速”する現象について一つの興味深い仮説を提唱したという。

 ベジャン氏は、時間の加速現象は「若い頃の方が映像を素早く捉え、それを記憶する能力が高い」ために生じると考える。

「若い頃、日々が長く感じられるのは、若い脳は1日のうちにより多くのイメージを受け取っているからです」(ベジャン氏)

「年をとると時間が早く過ぎる」本当の理由が遂に判明! 米大学教授の新仮説に衝撃…鍵はサッカード運動!の画像2
画像は「Big Think」より引用

 

このことは古い映画でたとえてみると分かりやすい。初期の頃、映画は1秒間に16フレームを撮影していたが、これだと映画の中の1秒が過ぎ去るのに実際には1秒の3分の2しかかからない。そういうわけで古い映画では人や物が通常よりも早く見えるのだ。

時間の再生速度は一定だが、そこに含まれるイメージが多いか少ないかで体感する時間に変化が生じるため、「あなたの知覚する時間は他の人が知覚する時間とは違う」(ベジャン氏)のである。

関連キーワード

コメント

5:匿名 2019年3月29日 08:38 | 返信

フレームレートで時間が変わるとかあり得ないじゃんwww
どんだけオカルト科学者なんだよw

4:匿名 2019年3月27日 15:13 | 返信

>>1
長期間的に振り返った場合はそうだが、これはそういう問題じゃないと思う

3:匿名 2019年3月26日 17:07 | 返信

どうやら結論としては、眼振患者(黒目が左右に小刻みに動く病気)は有意義な時間を送っているということだね。

2:トランプ大統領 2019年3月26日 14:53 | 返信

私の考えでは、つまらない時間を過ごすと長く感じるだけのような気がする。子供の頃は自由に考え行動が出来ないので、時間が長く感じると思うのだ。楽しい時はすぐ終わるので物足りない気分になる事もあるだろう。その差というのは確かに認知度によっても変わるものだと思う。苦痛を受けるかで変わるのだろうが、加齢で惚けているような人は時間を忘れる事もあるだろう。いくら言っても人の話を理解出来ない頭のおかしい奴は特に時間が早く経過していると言える。そういう人は殴られても何も感じなさそうだ。もはや無の境地!いや、頭がおかしいだけだ。

1:匿名 2019年3月26日 12:24 | 返信

これに関しては答えは出ている。
年齢に対しての例えば1年は、
50歳なら50分の1
5歳なら5分の1
当然、5分の1の方が長く感じる。

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。