花粉症対策、日本人が知らない最後の手段4つ! ジントニック、赤い光、イラクサ…薬嫌いのための“ファイナルアンサー”

関連キーワード:

,

,

,

花粉症対策、日本人が知らない最後の手段4つ! ジントニック、赤い光、イラクサ…薬嫌いのためのファイナルアンサーの画像1
画像は「Getty Images」より引用

 今や国民病と言える花粉症。くしゃみや鼻づまり、目のかゆみに悩まされている人は多いだろう。日本ではスギ花粉症の患者が多いが、アレルギーを引き起こす植物は非常に種類が多く、世界中の多くの国で大勢の人々がその土地の花粉症に苦しんでいる。海外では花粉症とどのように戦っているのだろうか。英「The Telegraph」の記事からご紹介する。

■ジン

花粉症対策、日本人が知らない最後の手段4つ! ジントニック、赤い光、イラクサ…薬嫌いのためのファイナルアンサーの画像2
画像は「Getty Images」より引用

 アルコールにはアレルギー症状を悪化させる可能性があるヒスタミンが含まれており、一般的に花粉症の時はアルコールの摂取を控えたほうがいいとされる。だが、ジンやウォッカのような蒸留酒はヒスタミンの量が少ないので、他の酒類よりは花粉症への影響が低いと考えられる。ゆえに、花粉症の人でアルコールが飲みたい人はジントニックがおすすめだ。

 言うまでもないが、ジンに花粉症対策の効果があるわけではない。しかし、知らずにほかのアルコールを飲んでいた人が、今までのアルコールをジンやウォッカに変えれば、アレルギー反応が多少和らぐ可能性があるというものである。お酒好きの人は、どうせ飲むなら一度はジン縛りで試してみてもいいのではないだろうか。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ