佳子さま文書で、秋篠宮殿下がいよいよ「ぼっち」に!? 批判、兄へのコンプレックス、嫌悪…「嫌な父親」発言も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9
関連キーワード:

,

,

,

,

,

 佳子さまは自身の結婚観についても「遅過ぎずできれば良い」とし、相手がいるかどうかについては「今後も含めお答えするつもりはございません」とピシャリ。過熱する眞子さまの結婚報道を踏まえた上で「姉の件に限らず、以前から私が感じていたことですが、メディア等の情報を受け止める際に、情報の信頼性や情報発信の意図などをよく考えることが大切だと思っています。今回の件を通して、情報があふれる社会においてしっかりと考えることの大切さを改めて感じています」と評した。

 ここまで佳子さまが踏み込んだ発言をするのは異例。大好きな姉が一連の報道で傷付き、本来味方であるはずの両親も反対の立場を取っていることが、許せなかったのかもしれない。

 他方、ネット上では“佳子文書”に否定的な意見が並ぶ。多いのは、佳子さまに皇室の一員としての自覚を説く内容。週刊誌記者は「佳子さまも眞子さまと同じく自由恋愛を望んでいるようですが、姉のようにトラブルになってからでは遅い。結婚した場合、佳子さまには1億円近い一時金が支払われる。原資は国民の税金。佳子さまの発言が配慮に欠けると批判されるのも仕方がない」と話す。

 こうした展開に弱っているのが、秋篠宮殿下だ。個人の自主性を重んじて育てた結果がこのザマでは、プライドはズタズタだ。

「秋篠宮殿下はお兄さまに対してコンプレックスがあり、昔から何事も『自分の方が有能』ということをアピールしてきた。テニスなんかでも、お兄さんが一生懸命練習している横で、秋篠宮殿下はコーチの女性を口説いていたそう。その際『兄貴もこれくらいやらないと!』とダメ出ししていたとか。そんな兄弟関係のなか、娘の結婚問題が揉めに揉めている現状は屈辱以外の何物でもない」(皇室担当記者)

 佳子さまにも疎まれ、いよいよ“ぼっち”になってしまった秋篠宮殿下。親子で笑って過ごせる日が戻るのはいつになるのだろうか――。

文=田中太郎

関連キーワード

コメント

9:匿名 2019年3月31日 19:19 | 返信

>>8
世界の嫌われ者のチョンサルよ 半島に帰れ

8:神 2019年3月31日 09:43 | 返信

愚かな日本人どもよ、お前達は時期に滅ぶ

7:匿名 2019年3月31日 08:20 | 返信

>> 6

はいはい、そうですね。チョン公さんも日本人のカネ当てにしてないで早く半島に帰りなよ!しっしっ!

6:匿名 2019年3月31日 06:03 | 返信

税金でのうのうと暮らしてるくせに!天皇陛下は分かるがそれ意外は自分で稼いで生活しろや!一体何人が税金でのうのうと生活してるんだ?そんなに必要ないだろ!

5:匿名 2019年3月31日 02:43 | 返信

>> 4

3です。

恥ずかしながら、私も以前は天皇に否定的な人たちの記事を読んで一時期同調していたことがありましたが、あとからいろいろと調べたり勉強したりして自分も彼らに洗脳させられていたのだと気がつきました。
洗脳をとくもっとも最良の手法は『自分で勉強する』ことだと思います。これに勝る方法はないと思います。

4:匿名 2019年3月30日 23:07 | 返信

>>3
前の関連記事では、皇室を日本の民衆によって終わらせるアメリカの策略だとありましたね。
秋篠宮さまご一家を見ていると、魔の手は皇族へも直接作用しているのだなと感じさせられます。
浩宮さまはしてやられていないと私は信じていますが。

3:匿名 2019年3月30日 21:21 | 返信

前に誰かが記事にしていたけど天皇叩きは我々を奴隷化したい『彼ら』の作戦の一つだと、だから『こういう記事』も増える。個人的にはこういう記事を書く人は『彼らのスパイ』なのではと思ってる。
コメ欄にもそれに同調するような人がいっぱい湧いているよね?チョン系の人かな?(笑)

2:匿名 2019年3月30日 11:55 | 返信

弟ぎみは昔から大人しい兄ぎみと対照的に奔放で活発だった。
その娘二人が反旗を翻しても何の不思議もない。それは親父から受けついだものだから。

1:匿名 2019年3月30日 10:09 | 返信

画面の向こうやメディアを介してしか知らない人達だけど、秋篠宮がコンプレックスの塊で器の小さい男だということは伝わってきてたよ。
特にここ数年は加齢のせいなのか隠すことをやめたのか知らないけど顕著でしたな。
そりゃ外見は兄より良いのかもしれないけど、結局は皇太子とただの人という差は消えないということなんだろうね。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。