「魔境に入っていた…」瞑想業界に激震、東大卒僧侶・小池龍之介が解脱失敗を懺悔! 一体どういうことか…徹底解説!

「魔境に入っていた…」瞑想業界に激震、東大卒僧侶・小池龍之介が解脱失敗を懺悔! 一体どういうことか…徹底解説!の画像1
考えない練習 (小学館文庫)

『考えない練習』、『超訳 ブッダの言葉』などの著書で知られる小池龍之介氏が「還俗宣言」(出家者が俗人に戻ること)をした。小池氏は、昨年秋に「数年後に解脱する」と公言し、『解脱寸前 究極の悟りへの道』(幻冬舎)を上梓し、解脱に向けて路上生活を送っていた

 解脱に向かって突き進んでいたはずの小池氏だが、今月13日から動画投稿サイト「YouTube」に小池氏名義で一連の“懺悔”が投稿されている。映像はなく、ICレコーダーに録音された小池氏の声のみが収録されており、最初の動画「1番目:懺悔1(小池龍之介より)」では、小池氏が46分に渡って自分の罪を懺悔している。懺悔は次のように始まる。

「こんにちは。小池龍之介改めて空朴(くうぼく)という出家名をして、あちこちを遍歴している者です」
「旅を出る前には1年以上7年未満には人間という条件を超えて解脱するだろうという勇ましい言葉を残して旅立ってしまいましたが、今になって思いますと、それは自らの状態を完全に見誤って、おかしなストーリーを信じていたからだと申せざるを得ません」

 動画の声は幾分弱弱しいが、落ち着いており、ひとつひとつの言葉を確かめるかのように慎重に語りかけている。

■悟っていなかったと分かった理由

 では、小池氏の懺悔とは何か?

「自らの境地について実際よりも高く評価したり、またあまつさえ、人にそう言ったりするのは非常に大きな罪でありまして、この場で深々と頭を下げて、懺悔させて頂きたいと思います」

 悟っていないのに悟ったと思い込むことは仏教では「増上慢」と言われ、強く戒められている。小池氏はそのことを懺悔したいというのだ。

「安定した環境で過ごしていられたから、見ないで済んでいたような自分自身の弱さや悲しくなることや不安になることといったようなことに色々直面するにつけまして、そういった弱さがもう十全に克服されているので最後の完成の旅に出ましょうというような元々思い描いていた考えと申しますか、ストーリーというのが思い違いも甚だしいものであるということをよく思い知らされた次第でありました」

●抑えられない性欲

 たとえば、小池氏は性欲をほとんど抑えているという自負があったそうだが、連日のように「エッチな夢」を見てしまい、夢精してしまったという。「性欲が自分のなかに根強く残っていたと思い知らされた」と告白している。

●瞑想スランプ

 だが、小池氏にとって最も辛かったのは、昨年12月頃から非常に強烈なビリビリしたエネルギーの鉛の玉のようなものが腹部に入り込み、瞑想状態に入れなくなってしまったことだという。そのことにより、それまで瞑想によって受け流してきた過酷な状況に耐えられなくなってしまったと語っている。

 小池氏はこのことを「境地を詐称した天罰」だと反省している。瞑想をして解脱するために路上生活をしているのにも関わらず、瞑想ができなくなってしまったのは「生きている意味がないし、なんという悲しみでしょう」と考え、ボロボロと大粒の涙を流してしまったそうだ。そして、「物事がうまくいかなかったら泣いちゃうような弱さが残っていて、その程度に感情的になるんだな」と感じたという。

※『懺悔』動画では、同書のタイトルは編集者が決めたものだとしている。

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ