「魔境に入っていた…」瞑想業界に激震、東大卒僧侶・小池龍之介が解脱失敗を懺悔! 一体どういうことか…徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11
「魔境に入っていた…」瞑想業界に激震、東大卒僧侶・小池龍之介が解脱失敗を懺悔! 一体どういうことか…徹底解説!の画像1
考えない練習 (小学館文庫)

『考えない練習』、『超訳 ブッダの言葉』などの著書で知られる小池龍之介氏が「還俗宣言」(出家者が俗人に戻ること)をした。小池氏は、昨年秋に「数年後に解脱する」と公言し、『解脱寸前 究極の悟りへの道』(幻冬舎)を上梓し、解脱に向けて路上生活を送っていた

 解脱に向かって突き進んでいたはずの小池氏だが、今月13日から動画投稿サイト「YouTube」に小池氏名義で一連の“懺悔”が投稿されている。映像はなく、ICレコーダーに録音された小池氏の声のみが収録されており、最初の動画「1番目:懺悔1(小池龍之介より)」では、小池氏が46分に渡って自分の罪を懺悔している。懺悔は次のように始まる。

「こんにちは。小池龍之介改めて空朴(くうぼく)という出家名をして、あちこちを遍歴している者です」
「旅を出る前には1年以上7年未満には人間という条件を超えて解脱するだろうという勇ましい言葉を残して旅立ってしまいましたが、今になって思いますと、それは自らの状態を完全に見誤って、おかしなストーリーを信じていたからだと申せざるを得ません」

 動画の声は幾分弱弱しいが、落ち着いており、ひとつひとつの言葉を確かめるかのように慎重に語りかけている。

 

■悟っていなかったと分かった理由

 では、小池氏の懺悔とは何か?

「自らの境地について実際よりも高く評価したり、またあまつさえ、人にそう言ったりするのは非常に大きな罪でありまして、この場で深々と頭を下げて、懺悔させて頂きたいと思います」

 悟っていないのに悟ったと思い込むことは仏教では「増上慢」と言われ、強く戒められている。小池氏はそのことを懺悔したいというのだ。

「安定した環境で過ごしていられたから、見ないで済んでいたような自分自身の弱さや悲しくなることや不安になることといったようなことに色々直面するにつけまして、そういった弱さがもう十全に克服されているので最後の完成の旅に出ましょうというような元々思い描いていた考えと申しますか、ストーリーというのが思い違いも甚だしいものであるということをよく思い知らされた次第でありました」

 

●抑えられない性欲

 たとえば、小池氏は性欲をほとんど抑えているという自負があったそうだが、連日のように「エッチな夢」を見てしまい、夢精してしまったという。「性欲が自分のなかに根強く残っていたと思い知らされた」と告白している。

 

●瞑想スランプ

 だが、小池氏にとって最も辛かったのは、昨年12月頃から非常に強烈なビリビリしたエネルギーの鉛の玉のようなものが腹部に入り込み、瞑想状態に入れなくなってしまったことだという。そのことにより、それまで瞑想によって受け流してきた過酷な状況に耐えられなくなってしまったと語っている。

 小池氏はこのことを「境地を詐称した天罰」だと反省している。瞑想をして解脱するために路上生活をしているのにも関わらず、瞑想ができなくなってしまったのは「生きている意味がないし、なんという悲しみでしょう」と考え、ボロボロと大粒の涙を流してしまったそうだ。そして、「物事がうまくいかなかったら泣いちゃうような弱さが残っていて、その程度に感情的になるんだな」と感じたという。

※『懺悔』動画では、同書のタイトルは編集者が決めたものだとしている。

関連キーワード

コメント

11:匿名 2019年4月7日 14:50 | 返信

これが魔境かあ、これはこれで貴重な経験できたなでもいいじゃない。あと性欲を最初から完全否定する道より、ある程度欲求を満たしてくると飽きてきて自然に減退してくるというのも通常の人の人生の中でもよく見受けられる現象だ。美人が媚をうってきてもおいそれと食指が動かなくなってきたりする。下手に我慢するより適度に年相応に遊んできてる人の方がとこんなもんか…と飽きがくるのだろう、段々性欲も減退とかなくなってきたとかあるし。そういうのでもいいんじゃないか?下手に形式とか最初からぎちぎちに縛らなくてもいいじゃないか?普通に生活してても自然と人っていうのは年齢とともに悟りに入っちゃってるよ、この人、何の修行もしてないのにwっていうのは見かけたりするし。

10:坊さんなのに我欲強過ぎでしょ 2019年4月4日 02:55 | 返信

顔見てればわかる。本を読めば更にわかる。瞑想関連書を何冊も書いてるが、気づきのレベルが通り一遍で、当人の活動自体が自己顕示欲に依るものだというのが見てとれる。ゆえにいずれ魔境は必至なのに自己過信が為に気付けない程麻痺してたのには愚鈍さしか感じない。瞑想は我欲をコントロールするところに眼目があるんじゃないの?いつものようにポーズ決めて我欲抜けないうちはいくら瞑想しても意味ないよ。

9:匿名 2019年3月31日 11:07 | 返信

魔境を経験するまで修行される方がどれだけいるのか。彼はこの魔境を出したわけだから、素晴らしいと思い。

8:匿名 2019年3月30日 09:04 | 返信

某有名な瞑想家の書籍に昔よく目を通していたのでわかるが、そもそも魔境に陥ること自体が修行が足りない証拠。きちんと一から修行を積んだ人は魔境になど陥らないそうです。その先生の書籍にも書いてあったのですが、時々そういう『自分は瞑想の達人になったのでは?』『自分は解脱したのでは?』と勘違いする人が非常にたくさんいて困るとおっしゃっていました。達人どころか正反対の方向の瞑想をしている人間もたくさんいるそうでそういう人がよく魔境に陥るとのこと。だからこの人は本など出せるような人間ではないのですよ!
あと『解脱』は生きている間には決して完成などしません!生きている以上解脱などとは呼びません!

7:匿名 2019年3月30日 05:59 | 返信

まだ途中だろ!心が折れただけ❗️そんな簡単に欲は消せないよ‼️

6:匿名 2019年3月29日 21:37 | 返信

瞑想業界、あるとすればそこが魔窟だな
解脱て何か目玉商品ですか?

5:匿名 2019年3月29日 20:26 | 返信

んじゃ、今からでもミャンマー式に『アビダルマ』や『清浄道論』の教説や注釈書を学んだらいいということなのでは?

どこの流派か忘れたけど、性欲をおさえられなくて苦しんでた僧が、聖徳太子の化身に私が抱かれようと現れて、それで性欲を肯定する流派を作ったというのもあったよね。生物として、性欲を必ずしもおさえなくてもいいのでは。

4:金 正恩 2019年3月29日 18:04 | 返信

だいたいネット上に逐一upしてる時点で解脱なんかできねーだろ。承認欲求満たしたいが見え見えだよ。悟りを開くって他人に宣伝したり見られたりするコトじゃねーだろうに。

3:匿名7 2019年3月29日 15:20 | 返信

真摯な求道者って感じで好感は持てる。
どんな道でも究めるのは難しい。

2:匿名 2019年3月29日 15:08 | 返信

相変わらずバカだなー
バランスじゃよ,交感神経と副交感神経のバランスが全てじゃよ

1:かつ 2019年3月29日 13:37 | 返信

比叡山の改めて思うの千日行ってすごいんだなって

コメントする

かつのコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。