「魔境に入っていた…」瞑想業界に激震、東大卒僧侶・小池龍之介が解脱失敗を懺悔! 一体どういうことか…徹底解説!

■路上生活を始めた理由と誇大妄想

 そもそも小池氏が路上生活を始めた理由は「自分の過去世」についての強烈なヴィジョンを信じ込んでしまったからだという。なんと、過去世において小池氏はブッダの裏切り者とされるデーバダッタだというのだ。小池氏によると、デーバダッタは実は裏切り者ではなく、今生においてブッダになり、衆生を救う運命にあった……。そのため小池氏は悟りを完成するために旅に出たというわけだ。

 しかし、冷静になった今となっては「宗教者が陥りがちな誇大妄想の類」だったと振り返っている。禅仏教ではこうした自我の肥大は「魔境に入る」と言われている。

 小池氏は路上生活の途上でこうしたヴィジョンを見なくなり、「夢から覚めた」と語っている。その時は路上を歩きながら、「みんなごめんよ。ブッダになるなんて夢のまた夢。あり得るわけないよね」と呟いて絶望してしまったそうだ。

「魔境に入っていた…」瞑想業界に激震、東大卒僧侶・小池龍之介が解脱失敗を懺悔! 一体どういうことか…徹底解説!の画像2
画像は「getty images」より引用

■小池氏が魔境に入り込んだ理由を分析

 有名“僧侶”だった小池龍之介氏の突然の懺悔と還俗……。ネット上ではさまざまな意見が飛び交っているが、そもそも小池氏はなぜ魔境に入り、とんでもない誇大妄想を信じ込んでしまったのだろうか? 小池氏が学んでいたテーラワーダ仏教に詳しい現役の仏教修行者X氏に詳しく話を聞いた。

――小池さんの懺悔を率直にどう思いましたか?

「誠実さが伝わってきましたが、誇大妄想の話は驚きましたね。ただ、その予感は前からありました。最初は私も小池さんは良いかなと思ったのですが、カルマの解釈が適当であったり、伝統的な教学に即していないことが書かれていたので距離を置いていたんです。特に昨年出た『解脱寸前 究極の悟りへの道』には引っくり返りました。正直なところ“終わったな”と思いました。それには理由があります。ブッダの十大弟子の1人だったアーナンダ長老は多聞第一と言われるほどブッダの言葉を誰よりも多く聞いていました。しかし、彼はブッダ寂滅後も最終段階の悟り(阿羅漢果)に到っていなかったため、ブッダの言葉をとりまとめる第1回の経典結集に参加できませんでした。そこで、阿羅漢になるために意を決して夜通し歩行瞑想を行いましたが、夜が明けても悟ることはできず、疲労から寝具に倒れこんだんです。すると、その瞬間に悟り、遂にアーナンダ長老は阿羅漢になったのです。アーナンダ長老でさえ自分が解脱する瞬間を知ることはできませんでした。そして経典のどこを読んでも自分の解脱を知っていた覚者なんていません。いわんや小池さんに分かるわけがないだろうと思ったのです」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ