倉科カナ、西野七瀬、平手友梨奈… “カワウソ顔”女性タレントの快進撃が止まらない本当の理由とは!?

倉科カナ、西野七瀬、平手友梨奈… カワウソ顔女性タレントの快進撃が止まらない本当の理由とは!?の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 今年1月、高知県須崎市は市の観光大使を務めてきたペットのコツメカワウソ「ちぃたん☆」の解任を決めた。「ちぃたん☆」というと、同名のゆるキャラも有名だが、そのモデルは、ペットの「ちぃたん☆」だ。ペットの「ちぃたん☆」が大きくなって妖精「ちぃたん☆」(ゆるキャラ)になったという設定である。須崎市とのトラブルもあったが、両者ともにSNSの人気者だ。

 ここ数年、カワウソはブームとなっており、密輸して逮捕される日本人も現れるほどだ。その人気は愛らしい顔立ちにあると思う。つぶらな瞳と大きな鼻、口角の上がったゆるい表情。まるで赤ん坊のようだ。そして、なぜか女性芸能人の中にもカワウソに似ている顔立ちの人が多い。

 代表的な芸能人はいきものがかりの吉岡聖恵だ。鈴を張ったような瞳はもちろんのこと、口角の位置や鼻の穴が上を向いているところまでそっくりである。

 ネット上では数年前から噂となっており、2014年12月12日に放送されたラジオ番組「いきものがかりのオールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送)では「愛情を感じます」とコメント。2016年2月27日に放送されたバラエティ番組「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)では、カワウソとの共演まで果たしている。

 いきものがかりは2017年1月5日に「放牧宣言」と題して活動休止をしたが、2018年11月3日に「集牧宣言」を発表し、グループ活動を再開した。この年には「NHK紅白歌合戦」にも出場。今後のさらなる活躍が期待される。

 女優陣では川栄李奈がカワウソに似ている。つぶらな瞳でありながら、細目。団子っ鼻でカエル口。鼻の下が極端に短いのもカワウソ顔たる所以だ。

 AKB48時代はおバカキャラとしてバラエティ番組などで活躍していたが、卒業後は女優業で開花。ドラマや映画、CMに多数出演し、2018年には『恋のしずく』で映画初主演を果たした。演技力に定評があり、最近では風格をも漂わせている。