【閲覧注意】ビビった父親に“生き埋め”にされた「双頭の赤ん坊」! 脳が飛び出し… 手術を克服して力強く生きる!=インド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

画像は、「newsamed」より

 インド最北部ジャンムー・カシミール州の町ノーハッタで、“双頭”の赤ん坊が誕生した。生後40日の赤ん坊は、我が子の異常な姿に驚いた父親によって生き埋めにされ、葬られるところだった。しかし、たまたま現場を訪れた墓堀人が地中で蠢く存在に気づき、微かな泣き声を耳にしたことがきっかけで、赤ん坊は無事に救助されたのだ。

 警察によって保護された赤ん坊は、シュリーナガル医科学研究所に搬送され、健康状態に問題があったため新生児集中治療室に入れられた。その後、脳神経外科医のアブドゥル・ラシッド・バート医師が、約2,100グラムの重さに成長していた“2つめの頭”を切除する手術を実施した。

 赤ん坊の症状は、重篤な脳ヘルニアと診断された。脳ヘルニアとは、頭蓋内で脳組織や髄液などが増えたり、脳腫瘍などの占拠物が発生したりしたために、頭蓋内の圧が高くなって脳組織の一部が正常な場所からはみ出してしまう症状である。この脳ヘルニアが起こると、頭蓋内の圧がますます高まり、放置していると、意識障害や呼吸困難など、生命に危険をもたらす障害が見られるようになる。今回は、頭蓋骨の一部が適切に形成されなかったため、脳組織の一部が頭蓋の外側にはみ出して腫瘍を形成したケースである。こうしたケースは5,000人に1人の割合で発生する。

 バート医師は、通常の3倍にも巨大化した頭から、正常な脳を残して腫瘍や余分な皮膚を分離する手術を行った。3時間に及ぶ手術は無事に成功し、赤ん坊の頭は通常の形状となった。赤ん坊は順調に回復して1週間以内に退院し、その後、外来で一度病院を訪れただけだった。脳以外の臓器に異常の兆候は見られないため、今後は普通に暮らすことができると考えられている。

 地元メディアによると、赤ん坊の父親は逮捕されたが、後に保釈されたという。赤ん坊は現在、おじに養子として育てられていると報じられた。脳ヘルニアを克服した小さな命の健やかな成長を願いたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

4:匿名 2019年4月2日 21:25 | 返信

>> 2

そうかな?自然界とて動物が自分の子供に障害が認められた場合すぐに殺しちゃうのは当たり前の話、生き残れないから。鳥がよく巣から自分の子供を落とすというのは聞いたことがあるよね?偶然落ちたのではなく故意に落とした、だから戻してもまた落とす。
それを「かわいそう」とか言っちゃうのは偽善者の非生物的な人間という生き物だけ。

3:匿名 2019年4月2日 16:49 | 返信

こんなデカい頭の子よく産めたよね。

母ちゃんがすげぇわ。

2:匿名 2019年4月2日 06:09 | 返信

>>1
お前。不謹慎なんだよ
馬鹿野郎

お前自身が欠陥品だろ

1:匿名 2019年4月1日 21:26 | 返信

一昔前の日本なら、産婆さんが・・・してくれていたらしいですね。
今の日本では、異常がみられれば出生前診断を勧め、中絶するかどうか決めさせるらしいです。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?