天皇陛下関連行事での“NHKのプライド”が邪魔すぎる!? TV関係者が暴露「皇室の意思に反して…」

関連キーワード:

,

,

,

天皇陛下関連行事でのNHKのプライドが邪魔すぎる!? TV関係者が暴露「皇室の意思に反して…」の画像1

 4月1日に新しい元号「令和」が発表された。5月からは新しい時代が幕を開ける。現在の陛下が退位されたのち現在の皇太子さまが次の天皇陛下に即位される流れになっているが、即位後のパレードなど国民の前に姿を見せられる行事も予定されており、テレビ各局はその生中継の準備を進めている。

 しかし、こうした行事の中継においてテレビ局の間で温度差が生じているという。

「退位と即位にあたり、あらゆる行事が予定されており、テレビが生中継できる行事も幾つかあります。中でも新天皇のパレードは全局が完全生中継したいと考えていますが、この中継方法を巡って民放とNHKに温度差があるんです」(テレビ局関係者)

 パレードの生中継は至極当然のことのように思えるが、一体どのような温度差があるのだろうか。

「今回の即位は陛下の意向もあって、なるべく簡素におこなう予定となっています。かかる費用をおさえ、関係者への負担を軽減するためです。そのため、民放としてはパレードも代表撮影で行おうと考えていました。代表撮影は1つのテレビ局のカメラが全社を代表して撮影し、その映像と音声を各局と共有するというものです。陛下の行く先々でカメラが殺到するのは失礼にあたるため、これまでも皇室撮影においてはよく用いられた方法です。しかし、NHKが難色を示しているんです」(同)

 たしかに過去の皇室報道を見てみると「代表撮影」と書かれた写真や映像が数多く見つかる。パレードで代表撮影をおこなうとどのようなメリットがあるのだろうか。

「パレードの場合、陛下のおそばで撮影するわけではありませんので各局が独自カメラを用意しても、カメラマンが殺到して失礼になるようなことはありません。しかし、警備の問題があります。各局がパレードコース沿いのビルの屋上などに中継ベースを置けば、それだけ警察が警備する箇所が増えます。パレードルートの屋上は基本的に居住者も含めて当日は出入り禁止になるはずですが、マスコミは許可を得て屋上などから撮影可能です。しかし、各局が独自カメラを自由に出せばカメラポジションが増加し、警備人員も増えます。そうなれば簡素にしたいという意向に反することとなります。だからこその共同撮影なんです」(同)

 警備の問題を考えればたしかにカメラポジションが最小限で済む共同撮影は意向に沿った方法となる。なぜNHKだけ温度差があるのだろうか。

「ハッキリとは言いませんが、公共放送としてのプライドだと思います。歴史的な出来事なのに民放と同じ映像で済ませるのは納得がいかないんだと思います。一説には50台以上のカメラをルート上に置くと言われていますが、そんなにカメラポジションを設置すれば警察は事前の調査や当日の人員を大きく割くこととなります。皇室の方々の意思に反するものだと思うので、本当は共同撮影に応じてほしいのですが」(同)

 各局が独自映像を届けたいほど歴史的な大イベントであることは理解できる。しかし、最も皇室の意思をくみ取るべきなのが公共放送のはずだ。民間企業の民放が率先して意思を汲み取っているにもかかわらず、プライドのためにNHKが独走して良いのだろうか。無論、まだ最終的な結論は出ていないらしいが、結末を注視したいものだ。

文=吉沢ひかる

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ