嵐・相葉雅紀、成田凌、中村倫也…「なんかブサイク」「一般人顔」イケメンじゃない可能性がある芸能人4人

●成田凌

嵐・相葉雅紀、成田凌、中村倫也…「なんかブサイク」「一般人顔」イケメンじゃない可能性がある芸能人4人の画像3
画像は、「メンズノンノ」オフィシャルサイトより

 お次は俳優の成田凌(25)。実力派でありながら一応“イケメン俳優”にカテゴライズされており、「ViVi国宝級イケメンランキング2017年上半期」の“NEXT国宝級編”で1位に輝いたことも。演じる役も『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)の榊圭一など、イケメンなキャラが多い印象だ。

 しかし彼の場合は、「めっちゃイケメンに見える時と、なんかブサイクに見える時がある」という指摘が。コンディションが悪かったり役によって違うのではなく、受け取る側の心境で“イケメンorブサイク”が変動する不思議なルックスなのだという。いわゆる“雰囲気イケメン”と呼ばれる人たちの一員で、よく見るとイケメンじゃないのかもしれない。

●中村倫也

嵐・相葉雅紀、成田凌、中村倫也…「なんかブサイク」「一般人顔」イケメンじゃない可能性がある芸能人4人の画像4
画像は、「TOP COAT」オフィシャルサイトより

 お次は絶賛大ブレイク中の遅咲き俳優・中村倫也(32)。彼はNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で主人公の幼馴染・朝井正人を演じ、30代にしてたちまちブレイク。今年「ORICON NEWS」が発表した「第12回 恋人にしたい男性有名人ランキング」では3位にランクインしていた。票の内訳を見てみても、比較的若い層の票が多くまさに“今時の顔”といったところ。しかしそんな彼の“イケメン扱い”に、疑問を呈する人もいるという。

 ネット上では、「中村倫也好きだけど、イケメン俳優と言われるとなんか違うような」「どちらかというと“個性派俳優”だと思う」との声が。“イケメン俳優”として売り出せるほど、万人受けする顔ではないようだ。しかし当の本人も、ブログで「自分今じゃイケメン扱いされてて焦りますけれども」「つまるところただのつまらない役者なので」と困惑している様子。今後も彼には、顔ではなく卓越した“演技力”を武器に活躍していただきたい。

文=ヤーコン大助、文=編集部

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ