万病に効くという「釈迦の霊泉」の秘密、海水が腐らぬ謎… 水研究の権威・久保田昌治博士が語った“本当に不思議な水”(インタビュー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
イメージ画像:「Gretty Images」

■不思議なエネルギー、どうやって身体に取り込むべきか

――釈迦の霊泉の地理的特殊性に関してもお尋ねします。あの辺りはフォッサマグナ(大地溝帯)に近く、柏崎―千葉構造線という活断層にも隣接した場所ですが、太古の昔は海辺だったわけですよね? その点が「ゼロ磁場」(※)で有名な長野県の分杭峠とちょうど共通しますが、やはり何らかの大きな影響があるのでしょうか?

※ N極とS極の磁気がお互いに打ち消し合い、ほぼゼロに近いほど磁気の低い状態が保たれているという場所。パワースポット。

「ゼロ磁場」として知られる分杭峠(長野県) 画像は「Wikipedia」より引用

久保田  火山の噴火によって溶岩が噴出しますが、その温度は少なくとも1000度以上。吹き出した瞬間に、山頂付近の温度(0度以下)で急冷されて固まりますが、そういう状態の岩石が水に接することで水に何らかの影響を与えている可能性が考えられます。強烈な地殻変動を受けた場所の岩石や土壌に接した水が、影響を受けて変化し、ある種の機能を持っているのかもしれません。水を研究している人間としては、そのような水が何らかのエネルギーを持ち、人体に好ましく作用していたとしても決して不思議なことではないと思います。

――そのような不思議な力をもった水を飲む場合と、湯治だけの場合とを比べると、やはり飲んだ方が効果は高いのでしょうか?

久保田  お風呂に入るということは全身が浸かるわけですからね、やはり飲んだうえで浸かれば、より効果は大きいと思います。

――日本ではなぜか昔から温泉に浸かるほうがメインで、“飲む”という発想はあまりなかったように思われるのですが、一つには、そもそも飲用の許可を得ている温泉が少ないということでしょうか?

久保田  そうですね。日本では飲める温泉水は少ないのですが、それは有害物が含まれる可能性が高いからです。硫化水素や亜硫酸ガスなどの有毒ガスが溶けていたら、飲むことは望ましくはないですね。それと、一般的に温泉水はあまり美味しくないものが多いです。

■まだまだ解き明かせないストレスと水の不思議

――「釈迦の霊泉」でガンが消えた経験をしている人々について、先生の過去のご研究と照らし合わせて考えるならば、やはり水の特殊な分子構造のようなものがガン細胞にはたらいたということになるのでしょうか? 正常な細胞だけではなくガン細胞にも効いて、しかもピンポイントで消すという力は、とても不思議だと思うのですが。

コメント

5:万病に効く底辺 2019年4月7日 02:09 | 返信

私が仮にホームレスか何かだと仮定して、私がホームレスを抜け出し普通の職や生活に戻ろうとしている人間だと仮定しよう、しかしこういうのを見ると決して底辺たちは黙っちゃいないのだ。
夜な夜な皆が寝静まったときに就職活動のため手に入れたスーツに火を付け燃やしたり、福祉や医療や会社やネットやはたまた国家公務員等をうまく利用し攻撃を仕掛けたりとありとあらゆる嫌がらせを考案しては実行に移す。
今のは例え話だがそういう種類の攻撃をされるということだ。
底辺たちというのは己たちが暗黙の了解で作ったギルドを抜け出す人間を決して許しちゃくれないのだ。まあだからこそいつまでも“底辺”なんだと言えるのだが少なくとも本人たちはそう思ってはいない。
あいりん地区にだって普通の生活に戻ろうとしている人はたくさんいる。難しい病におかされている人間が勉強して治すための努力をしている人だっている。しかし底辺どもというのはこういうのを見ると我慢できないらしいのだ。
私は彼らが中途半端に保護されているからこそこういうアホに成り下がるのだと思う。
彼らから『障害者年金』や『生活保護』『ありとあらゆる福祉サービスや医療サービス等』そういったものを剥ぎ取ってしまえば己たちの立場がようやく理解できマトモな人間に立ち返るのではないかと思う。彼らは決して被害者などではない。うまくその立場を利用しオイシイ思いをしようという汚い人たちだと思う。

4:匿名 2019年4月6日 15:37 | 返信

結局のところ、彼らは一般常識に触れてると安定おぼえるんだろ、普通の枠の中の世界だけが彼らにとって真実
だからオカルトと言われるようなものやこういう話題なんかは耳も貸さない
否定から入って耳を貸すやつを意味の分からない底辺扱いすることで安定に浸りたいんだろう
もうその時点で科学だのオカルトだのとは別の話になっている
彼らの固定概念を脅かす存在への恐怖心とそれに立ち向かえない精神の問題になっている

3:万病に効く底辺 2019年4月6日 01:53 | 返信

底辺たちは競い会う、自分こそが『より底辺でないと』競い会う。そういう光景は何度も何度も目にする。五十歩百歩どころか千歩一万歩のレベルなのだろうが自分こそがより底辺でないと競い会う。全員が底辺であるにも関わらず、だ。
百歩前へ進めとは言わない千歩一万歩進んで聖人にでもなれとも言わない。
だが例えばその人たちが今難しい病におかされているような人間だと仮定するならばそれを治癒させ『ゼロ歩』にせめて戻ろうなどとは考えないのだろうか?
彼らは自らにとって都合の悪い話には耳を決して傾けない、こういう話はネットや書店に無数に転がっているにだ。
彼らは本当は治したくなどないのだ。今の生活が非常にオイシイからだ。

2:匿名 2019年4月6日 01:33 | 返信

面白かった
まともな顔して、実は自分が科学教に囚われてる表面の科学信者がほとんどの中で、こういう人たちは本物の科学者だと思う

1:匿名 2019年4月6日 00:07 | 返信

そんなもんオカルトだ、で一刀両断せず
何故なんだろうと探求する

本物の科学者ですね

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。