万病に効くという「釈迦の霊泉」の秘密、海水が腐らぬ謎… 水研究の権威・久保田昌治博士が語った“本当に不思議な水”(インタビュー)

久保田  難しいところですね。ストレスにも何らかの関係があるのかもしれません。最近は、病気の9割に活性酸素が関係しているといわれており、現代社会ではストレスが活性酸素の発生源になっているといわれています。テレビや新聞などで堂々と、あたかも当然のように聞く話だとは思うのですが、実はそのメカニズムはまったく説明されていないのです。これは、今の科学ではストレスエネルギーのような広い意味での意識エネルギーを認めていない、というか考慮していないためではないでしょうか。

万病に効くという「釈迦の霊泉」の秘密、海水が腐らぬ謎… 水研究の権威・久保田昌治博士が語った本当に不思議な水(インタビュー)の画像8
久保田昌治氏(撮影=編集部)

 我々が放射性元素を恐れるのは、外部被曝にしろ内部被曝にしろ、放射性元素が放射するガンマ線が生体内の水に作用して、一番強力な活性酸素であるヒドロキシルラジカルを生成し、これにやられてしまうからです。それは、恐らくストレスエネルギーによっても発生するのではないかと推測しています。

――なるほど、ストレスとは人体にとって極めて有害であり、「釈迦の霊泉」の不思議な力を考えるには、それがヒントになるかもしれないということですね。

久保田  水には本当に謎が多い。少し話は逸れますが、水は半導体であり、静止しておくと腐るけれど、動かしていれば腐ることはありません。海水も同じく半導体で、常に波立ち、動いているから海が腐ることはないでしょう? 水が腐らないとき、今までそれは「酸素を抱き込むから腐敗しないのだ」と説明されてきましたが、どうもそれだけではないようなのです。かつて浜名湖の湖水がすごく汚れた時期がありました。その時、浜松のメーカーHが汚れた湖水をポンプで循環したところ、それだけで水がキレイになったのです。何故か、ということで訪ねて来られたことがありました。

つづく

※ 久保田博士が水道水と塩素などのヤバすぎる「水タブー」を暴露する中編はコチラ

久保田昌治(くぼた・しょうじ)
1936年新潟県生まれ。理学博士。東北大学理学部卒業。同大学院修士課程修了。東北大学助手、静岡大学工学部講師、株式会社日立製作所日立研究所・主任研究員、茨城大学工学部非常勤講師、農水省「水資源再評価委員会」委員などを経て㈱ウォーターデザイン研究所を設立。ウォーターデザイン研究会理事長、日本サイ科学会理事長、サトルエネルギー学会顧問。「これでわかる水の基礎知識」「浄水器・天然水の選び方」「水の百科事典」など著書・監修多数。
ウォーターデザイン研究所 http://waterdesign-wd.com/

釈迦の霊泉
〒379-1303 群馬県利根郡みなかみ町上牧3768
TEL:0278-72-3173 FAX:0278-72-5041
Webサイト https://www.shakanoreisen.com/
ブログ https://ameblo.jp/shakanoreisen-minakami/

文・取材=百瀬直也

百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。Webサイト:百幸.com、ブログ:『探求三昧』note、Twitter: @noya_momose

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

万病に効くという「釈迦の霊泉」の秘密、海水が腐らぬ謎… 水研究の権威・久保田昌治博士が語った“本当に不思議な水”(インタビュー)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル