「水道水の塩素は毒」水研究の大御所・久保田昌治博士が“水タブー”を完全激白! 民営化の害、がん、陰謀…(インタビュー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11

 日本における水研究の権威であるウォーターデザイン研究所所長・久保田昌治(しょうじ)氏は、本職の傍ら日本サイ科学会の理事長として活躍するなど、超常現象にも造詣が深い。インタビュー前編では、末期がんなどの万病に効くといわれる群馬県「釈迦の霊泉」について専門的観点から評価してもらったが、中編ではいよいよ水道水に含まれる塩素の害、さらに水道民営化が招くことになる戦慄の未来について、一切のタブーなしで本音を語ってもらった。

※ 久保田博士が「釈迦の霊泉」の不思議なパワーの謎と真実に迫った前編はコチラ

久保田昌治氏(撮影=編集部)

■水道水の消毒、世界の潮流とは異なる日本の現状

――先生ご自身は水道水を頭ごなしに否定されているわけではなく、むしろ日本の水道水はかなりキレイな方だと仰っています。では最近、水道の民営化に関する法案が国会で承認されましたが、その点について何か懸念されていることはありますか?

久保田昌治氏(以下、久保田)  非常に懸念しています。今は東京都をはじめ日本全国で配水管の老朽化が進み、交換しなければならない時期に入っているのです。そのためにすごくお金がかかる、だから民営化しようというのが実情のようですが、それで水道料金が安くなるという保証はどこにもなく、私はむしろ高くなると思います。そんな重大な法案が、どうしてすんなり通ってしまったのか。世界を見ても、一度は民営化したものの、また公営に戻してしまう国があるくらいです。

――水道の民営化によって、今の浄水方法が変わる可能性もあるのですか?

久保田  基本的には変えられないでしょう。その理由についてお話する前に、まずは現在、世界的に水道水の消毒方法は2つに大別されます。塩素を使うアメリカ方式と、オゾンを使うヨーロッパ方式です。オゾン方式は、ヨーロッパで120年の歴史があります。では日本の消毒方法はどうでしょうか。

 戦前の日本では、微生物処理が主体でしたが、戦後になってアメリカが「日本人は消毒もしない水を飲んでいる」というので塩素消毒が義務づけられました。家庭の蛇口をひねって、塩素が0.1ppm以上残っていないと供給してはいけないということになった。

第一次世界大戦の西部戦線で、化学弾を投射しようとするドイツ軍  画像は「Wikipedia」より引用

 しかし塩素は本来、第一次世界大戦でも使われた毒ガスの代表。塩素の臭いを嗅いだだけで倒れてしまう人もいるほどです。それにもかかわらず、日本では上限規制がなく、水を消毒するためにいくら入れてもよいことになっている。夏場に水道の蛇口をひねって塩素の臭いがした経験があるかもしれませんが、これは水温の上昇に伴って塩素の消耗が速まるため、注入塩素量を増やしているからです。しかし、万が一にでも蛇口を開いたときに大量の塩素を吸い込んで亡くなったとしても、浄水場の責任ではないんです。

――それは恐ろしい話ですね。

久保田  ところが現在の日本では、(塩素消毒に加えて)オゾンを使った非常に高度な処理が3~4割の浄水場で行われているんです。

東京都葛飾区に所在する金町浄水場 画像は「Wikipedia」より引用

 消毒することの本来の理由を考えれば、水に含まれる菌が基準値以下であればよいのであって、塩素が残っている必要はありません。オゾン処理が行われているなら、これは塩素消毒を止めても問題ないはずですよね? 実際、ヨーロッパの水道水はオゾン処理だけで済んでいます。しかし、たとえば東京の浄水場では、オゾン処理した水にさらに塩素を入れるという無駄が行われている。これは法律で、塩素が残っていないといかんと決まっているからなのです。これがみんな水道料金に上乗せされてくるわけです。

 東京の水道水はこんなに美味しくなったという「東京水」というボトル入りのミネラルウォーターがありますが、あれは各家庭に配水されている水道水とは違います。オゾン処理した後の水で、各家庭にはその後、塩素を添加した水が配水されています。

 ちなみに、塩素消毒を広めた当のアメリカには(塩素の)上限規制がしっかりと存在して、おまけにオゾン方式への切り替えも進んでいるんです。しかし日本では、なぜか一向に切り替えの話があがってこない。問題は、ここなんです。

人気連載
好きな人の“心の中が読める”4択夢占い! 恋愛できる可能性は… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言!

好きな人の“心の中が読める”4択夢占い! 恋愛できる可能性は… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言!

■相手の心には今、どんな存在が……? 「あなたの夢の中に...

人気連載
「アノ人が求めているもの」がわかる4択ガチャガチャ占い! 駆け引き、共同作業… Love Me Doが徹底アドバイス!

「アノ人が求めているもの」がわかる4択ガチャガチャ占い! 駆け引き、共同作業… Love Me Doが徹底アドバイス!

■あの人が“愛情以外に求めているもの”とは? 「2人で1...

コメント

11:匿名 2019年4月9日 07:44 | 返信

>> 10

同一人物じゃねーよ。俺はやり方しらんがそういうのってしかるべき方法を使うとわかるんじゃないの?

10:匿名 2019年4月8日 20:12 | 返信

>>8と9は自演しなくて良いよ

9:匿名 2019年4月8日 12:36 | 返信

>> 8

〉これはラーメンのかん水にも似ている。かん水は麺を伸ばすために入れるのだが、そもそも手打ち麺ではないので入れる必要性はない。

本当だ!たしかにラーメンのかん水の味に似ている。かん水の多い麺を使う店は不味くて嫌いだ。

8:トランプ大統領 2019年4月8日 00:48 | 返信

>> 2

全く説明出来てないじゃないか?科学以外の説明ってのはどこにあるんだ?
私はお前みたいな奴を見てきたぞ!全員もはやロボットとしか思えんような吹き込まれたことばかりしか言えないし答えられずに閉口する。説明出来ないのでは嘘をついているか、お前が精神異常であるかだ。科学的に説明を求めているのは誰でも説明出来て納得してもらえるようにするためだろう。お前しか知らないものを誰が認識出来るんだ?お前と同じ頭のおかしいチョンだけか?
嘘がバレるのが恐ろしくて、ふざけたこと言ってんじゃねーよチョン!説明しようと思ったが今はやめて自分で調べてくれだとか、嘘をつくんじゃない!お前はロボット!頭がおかしく、AIにロックされていて何も出来ないのだ!お前のような惚けているアホは他人が理解できるように説明できない!女性みたいに実体がない何もない空っぽの存在だろ?何も持っていないんだ!私は知っている。その塩素を無駄に入れているのもチョンの仕業で、人間は宇宙人の作った人造人間で操られているロボットだからインプットされた塩素を入れるという作業を何も考えずに入れてしまうのだ。糞不味い水道水をのませれ全く改善されないのは頭がおかしいからで、まともならとっくに替えているはずだ。これはラーメンのかん水にも似ている。かん水は麺を伸ばすために入れるのだが、そもそも手打ち麺ではないので入れる必要性はない。かん水は体に不要な物質なので下痢になりやすく、ラーメン食う度に腹の調子が悪くなるとやはり病気になる確率も上がることになる。
今や製麺技術も上がっているのだし、そもそも手打ち麺ではないのにかん水を入れ続けるのは無駄であるし、入っていない方が健康的でコストも下げられるはずだ。ラーメンの麺とうどんの違いは卵が入っているだけなのだから、かん水を入れる必要はない。今や市販の麺でかん水が入っていないものも売られているし、これからはかん水入れない方向で行くべきである。カップラーメンの麺にもかん水が入っているとか、揚げるのだし意味ないだろ!すごい無駄!因みに手打ち麺だとかん水を入れないと伸びないので伸ばして作る方法だと必要であるがうどんの様に作るのなら必要ない。伸ばして作る麺はコシが無いのでふにゃふにゃである。正直歯ごたえがないので旨くない。
日本のような麺は日本にしかないのだ。

7:匿名 2019年4月7日 16:07 | 返信

百瀬の地震以外の記事まともやん
地震煽らんでふつうの記事書いとればいいのになぁ

6:匿名 2019年4月7日 14:54 | 返信

>> 4

あれだけ長時間毎日毒水に浸かっていて無事ですむはずがなかろうかと思う。
その人の栄養状態や免疫や解毒能力などにもよると思う。病気のなりすぐに死に至るかどうかは個人差があると思われる。

5:匿名 2019年4月7日 13:09 | 返信

乳幼児死亡率と水道の普及

https://www.google.com/amp/s/www.nli-research.co.jp/report/detail/id%3D41369%3Fmobileapp%3D1%26site%3Dnli

後藤新平の功績

4:匿名 2019年4月7日 12:40 | 返信

これもGHQ絡みなのか。
もうこうなったら、日本にとって悪いものを見つけるのに
GHQが押し付けたものを調べたほうが早いのではないかと。
ところで、
池江璃花子さんの若くしての白血病も、
プールの塩素と関係あるのだろうか。

3:匿名 2019年4月7日 08:25 | 返信

塩素に毒性があるなんて馬鹿でも分かる
が、残留塩素の無い水なんてすぐに細菌の繁殖が始まって、水筒に入れることも食器を直ぐに洗わないのも恐ろしい結果を生むだろうね

2:匿名 2019年4月7日 05:03 | 返信

>> 1

戦争に勝った国というのは負けた国を奴隷としてきた歴史がある。したがって奴隷たちは彼らに何度も反乱を繰り返した。
しかし近代ではその手法も変わり『敗戦国に決してバレないよう』支配を進めるというやり方に変わってきた。したがって手口も実に巧妙だ。
食料品に農薬や添加物が混ざっているというのは決して偶然ではない。もちろん故意に混ぜれている。我々を病気にし心と体と脳を弱らせるためだ。
水に塩素が混ぜれるのもそのためだし、歯みがき粉にフッ素が混ぜれているのもそのため、フッ素は第二次世界大戦中ユダヤ人をおとなしくさせるため飲み水に混ぜておとなしくさせてきたほどの猛毒、摂取すると脳細胞が破壊される。昨今の日本人にバカが多いのは偶然ではない。あとフッ素は脳の松果体に取り付いてダメにしてしまう効果もある。松果体といえば霊性を司る大切な器官。彼らは体や心や脳だけでなくそれより高次の『霊性』さえも破壊しようという魂胆だ。愚鈍なスピ系は「霊性は破壊されない」と言いそうなもんだが私は違うと思う。
そして愚民化させるため愚鈍なテレビ番組を毎日垂れ流し精神と脳と民度を破壊し、教育を骨抜きにして勉強すればするほどバカになるようなシステムを作り上げた。その結果「証拠はどこ?」「エビデンスは?」「それには科学的根拠はあるの?」としか考えられないバカを作り上げた。物事というのは科学だけで説明できるほど単純ではない。

今の日本人は徹底的なまでにバカのクズにさせられもはや建て直しようもないレベル。バカのクズであってもそれを知覚できぬような社会的システムも構築されている。これらも彼らの特権らしい。もう今後日本人が立ち返ることなど決してなかろう。

1:匿名 2019年4月6日 23:14 | 返信

病気の結果が起こるには、当然原因があり様々な要因が複合で絡んでなるが
主に癌で日本人は死ぬが、これの理由もストレスや休養不足など様々な理由があるが
一番の原因は口にする食べ物や水なのは当然だろう
話聞きながら思ったけど農薬問題に酷似してるな
結局ほとんどの問題でアメリカが見えてくることが多い
戦争に負けるってのはこういうことなのかもな

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。