「水道水の塩素は毒」水研究の大御所・久保田昌治博士が“水タブー”を完全激白! 民営化の害、がん、陰謀…(インタビュー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11
イメージ画像:「Gretty Images」

■長期にわたる塩素摂取の恐怖

――では、本来恐ろしい毒ガスである塩素を、ただちに健康に影響を及ぼすレベルではないとはいえ長年体内に取り込み続けると、何らかの悪影響はあるのでしょうか? 具体的な事例はありますか?

久保田  1974年にアメリカで、水道水の飲用者と地下水の飲用者のがん発症・死亡率の比較結果が報告され、水道水飲用者のがん発症率のほうが“はるかに高い”ことが分かっています。さらなる分析調査の結果、水道水に含まれるトリハロメタンをはじめとする有機塩素化合物が原因という結論に至ったのですが、この事実が日本の大手紙やNHKで報道されたのは10年近く経過してからのことでした。

 水は、地下水にしろ河川水にしろ、地上や地中を通ってくる関係で必ず有機物を含んでいます。このような水を水道水の原水として消毒用の塩素を入れると、塩素と有機物が反応してトリハロメタンなどの有機塩素化合物を生成してしまう。これらは低濃度でも毒性が強く、しかも発がん性が指摘されている物質です。そのようなものを口にしているのですから、がんが増えないことの方がおかしいですよ。近年、アメリカではがん患者が減少している一方、日本では増加するばかりですが、このような話の背後に何があるのか、よく考えなければいけません。

イメージ画像:「Gretty Images」

――米国では水道水の害について活発に議論が行われていて、たとえばシャワーなどでも塩素を除去する特別なシャワーヘッドを使ったり、真剣に受け止めている人は多いようですね。

久保田  子宮頸がんの患者が増えている原因が、トイレで使うウォシュレット(の水)にあるのではないかという声も上がっているほどです。今では風呂のお湯を全部脱塩素化するような浄水器もありますが、こういうものが日本で普及しないのは、やはり塩素の害がタブー視され、ほとんど議論さえ行われていない状況だからでしょうね。

■浄水器の価値、そして“理想の水”とは?

――やはり、塩素や有機塩素化合物を水道水から取り除くことは大切で、現時点における防衛策は、やはり浄水器ということになるのですね? 家庭で塩素を完全に、またはある程度でも取り去ることはできるのでしょうか?

久保田  現状ではその通り、浄水器が有効です。蛇口取り付け式の簡易型でも9割は取れますが、このようなタイプは数カ月ごとに(フィルターを)交換する必要があります。据置型の浄水器なら塩素はもちろんのこと有機塩素化合物のトリハロメタン等も除去できます。そして、据置型の方がトータルコストでは安いのです。当社でも扱っていますが、据え置き型でも4~5万円で良いものがあります。ですから、浄水器を通して水道水を利用するのが常識の時代だということを、ずっと申し上げてきているんです。塩素というのは、水道水に含まれる程度の量を口にしてもそれほど味はわかりませんから、皆さんあまり気にしないようですが、毒ガスだという意識が欠落しているんですね。

――筆者の自宅では、かなり以前から水道水は怖くて飲めないということで、ミネラルウォーターや「釈迦の霊泉」を飲むようにしているのですが、ミネラルウォーターにも問題があるのでしょうか?

久保田  日本の水道水基準には51項目あるのですが、これでミネラルウォーターを分析したらどういう結果になるか、本当に大丈夫なのかという疑問をかなり抱いています。水道水基準は、わかりやすくいえば「毎日大量に飲用し続けても大丈夫」という前提で定められているもの。これに対してミネラルウォーターは、常用しないことを想定して水質基準が定められていると推測されます。

――とはいえ、ミネラルウォーターでは塩素は問題ないですよね?

久保田昌治氏(撮影=編集部)

久保田  たしかに塩素の問題はないはずです。しかし、ミネラルウォーターの問題点は「有機塩素化合物が含まれていない」という保証が“ない”ことです。ミネラルウォーターの実情を知っているので、怖いです。現在の水道水基準を満たしているレベルのものはどのくらいあるか? 結局、水道水基準が全ての水の基準になっていて、工場の排水基準も環境基準も、水道水基準をベースに決められています。

――それでは、浄水器を通して水道水を飲んだ方が、ある意味で安全だということですか?

久保田 そう思います。水道水の場合は、少なくとも原水が分かりますから。しかし、私もミネラルウォーター会社との付き合いもありますので、難しいところですが…(笑)。

 いずれにしても理想は、当然ながら水道水の消毒を塩素法からオゾン法に変えることでしょう。それによって水道水は今よりも美味しくなり、かつはるかに安全になるのです。何度も警告しますが、オゾン処理した水に含まれる有機物は微生物がよろこんで食べてくれます。しかし、塩素処理した水に含まれる有機物は食べません。食べると、殺られてしまうからです。

コメント

11:匿名 2019年4月9日 07:44 | 返信

>> 10

同一人物じゃねーよ。俺はやり方しらんがそういうのってしかるべき方法を使うとわかるんじゃないの?

10:匿名 2019年4月8日 20:12 | 返信

>>8と9は自演しなくて良いよ

9:匿名 2019年4月8日 12:36 | 返信

>> 8

〉これはラーメンのかん水にも似ている。かん水は麺を伸ばすために入れるのだが、そもそも手打ち麺ではないので入れる必要性はない。

本当だ!たしかにラーメンのかん水の味に似ている。かん水の多い麺を使う店は不味くて嫌いだ。

8:トランプ大統領 2019年4月8日 00:48 | 返信

>> 2

全く説明出来てないじゃないか?科学以外の説明ってのはどこにあるんだ?
私はお前みたいな奴を見てきたぞ!全員もはやロボットとしか思えんような吹き込まれたことばかりしか言えないし答えられずに閉口する。説明出来ないのでは嘘をついているか、お前が精神異常であるかだ。科学的に説明を求めているのは誰でも説明出来て納得してもらえるようにするためだろう。お前しか知らないものを誰が認識出来るんだ?お前と同じ頭のおかしいチョンだけか?
嘘がバレるのが恐ろしくて、ふざけたこと言ってんじゃねーよチョン!説明しようと思ったが今はやめて自分で調べてくれだとか、嘘をつくんじゃない!お前はロボット!頭がおかしく、AIにロックされていて何も出来ないのだ!お前のような惚けているアホは他人が理解できるように説明できない!女性みたいに実体がない何もない空っぽの存在だろ?何も持っていないんだ!私は知っている。その塩素を無駄に入れているのもチョンの仕業で、人間は宇宙人の作った人造人間で操られているロボットだからインプットされた塩素を入れるという作業を何も考えずに入れてしまうのだ。糞不味い水道水をのませれ全く改善されないのは頭がおかしいからで、まともならとっくに替えているはずだ。これはラーメンのかん水にも似ている。かん水は麺を伸ばすために入れるのだが、そもそも手打ち麺ではないので入れる必要性はない。かん水は体に不要な物質なので下痢になりやすく、ラーメン食う度に腹の調子が悪くなるとやはり病気になる確率も上がることになる。
今や製麺技術も上がっているのだし、そもそも手打ち麺ではないのにかん水を入れ続けるのは無駄であるし、入っていない方が健康的でコストも下げられるはずだ。ラーメンの麺とうどんの違いは卵が入っているだけなのだから、かん水を入れる必要はない。今や市販の麺でかん水が入っていないものも売られているし、これからはかん水入れない方向で行くべきである。カップラーメンの麺にもかん水が入っているとか、揚げるのだし意味ないだろ!すごい無駄!因みに手打ち麺だとかん水を入れないと伸びないので伸ばして作る方法だと必要であるがうどんの様に作るのなら必要ない。伸ばして作る麺はコシが無いのでふにゃふにゃである。正直歯ごたえがないので旨くない。
日本のような麺は日本にしかないのだ。

7:匿名 2019年4月7日 16:07 | 返信

百瀬の地震以外の記事まともやん
地震煽らんでふつうの記事書いとればいいのになぁ

6:匿名 2019年4月7日 14:54 | 返信

>> 4

あれだけ長時間毎日毒水に浸かっていて無事ですむはずがなかろうかと思う。
その人の栄養状態や免疫や解毒能力などにもよると思う。病気のなりすぐに死に至るかどうかは個人差があると思われる。

5:匿名 2019年4月7日 13:09 | 返信

乳幼児死亡率と水道の普及

https://www.google.com/amp/s/www.nli-research.co.jp/report/detail/id%3D41369%3Fmobileapp%3D1%26site%3Dnli

後藤新平の功績

4:匿名 2019年4月7日 12:40 | 返信

これもGHQ絡みなのか。
もうこうなったら、日本にとって悪いものを見つけるのに
GHQが押し付けたものを調べたほうが早いのではないかと。
ところで、
池江璃花子さんの若くしての白血病も、
プールの塩素と関係あるのだろうか。

3:匿名 2019年4月7日 08:25 | 返信

塩素に毒性があるなんて馬鹿でも分かる
が、残留塩素の無い水なんてすぐに細菌の繁殖が始まって、水筒に入れることも食器を直ぐに洗わないのも恐ろしい結果を生むだろうね

2:匿名 2019年4月7日 05:03 | 返信

>> 1

戦争に勝った国というのは負けた国を奴隷としてきた歴史がある。したがって奴隷たちは彼らに何度も反乱を繰り返した。
しかし近代ではその手法も変わり『敗戦国に決してバレないよう』支配を進めるというやり方に変わってきた。したがって手口も実に巧妙だ。
食料品に農薬や添加物が混ざっているというのは決して偶然ではない。もちろん故意に混ぜれている。我々を病気にし心と体と脳を弱らせるためだ。
水に塩素が混ぜれるのもそのためだし、歯みがき粉にフッ素が混ぜれているのもそのため、フッ素は第二次世界大戦中ユダヤ人をおとなしくさせるため飲み水に混ぜておとなしくさせてきたほどの猛毒、摂取すると脳細胞が破壊される。昨今の日本人にバカが多いのは偶然ではない。あとフッ素は脳の松果体に取り付いてダメにしてしまう効果もある。松果体といえば霊性を司る大切な器官。彼らは体や心や脳だけでなくそれより高次の『霊性』さえも破壊しようという魂胆だ。愚鈍なスピ系は「霊性は破壊されない」と言いそうなもんだが私は違うと思う。
そして愚民化させるため愚鈍なテレビ番組を毎日垂れ流し精神と脳と民度を破壊し、教育を骨抜きにして勉強すればするほどバカになるようなシステムを作り上げた。その結果「証拠はどこ?」「エビデンスは?」「それには科学的根拠はあるの?」としか考えられないバカを作り上げた。物事というのは科学だけで説明できるほど単純ではない。

今の日本人は徹底的なまでにバカのクズにさせられもはや建て直しようもないレベル。バカのクズであってもそれを知覚できぬような社会的システムも構築されている。これらも彼らの特権らしい。もう今後日本人が立ち返ることなど決してなかろう。

1:匿名 2019年4月6日 23:14 | 返信

病気の結果が起こるには、当然原因があり様々な要因が複合で絡んでなるが
主に癌で日本人は死ぬが、これの理由もストレスや休養不足など様々な理由があるが
一番の原因は口にする食べ物や水なのは当然だろう
話聞きながら思ったけど農薬問題に酷似してるな
結局ほとんどの問題でアメリカが見えてくることが多い
戦争に負けるってのはこういうことなのかもな

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。