意識エネルギー、水の結晶… 嘘ではなかった「水からの伝言」! 水研究の超重鎮・久保田昌治博士が“水の真実”を暴露(インタビュー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

■思考停止に陥った現代科学のパラダイム

――筆者は以前、水だとなかなか素人では結果がわからないので、ご飯を使って「ありがとう」「ばかやろう」と書いて、それで何週間か放置する実験を行いました。すると、「ばかやろう」と書いた方のご飯は明らかに早く腐敗が進むという顕著な結果になりました。

久保田  それは十分に有り得ることだと思います。我々の意識エネルギーは、まず水に作用し、水の構造変化を引き起こしますから、その結果だと推測しています。特に、がんなどの病気も我々の意識エネルギーの影響をかなり受けるのではないでしょうか?

イメージ画像:「Gretty Images」

――現代の科学のパラダイムでは説明がつかないものでしょうね。

久保田  無理だと思います。現代の科学では意識エネルギーを認めていないというか、そもそも考慮していないので説明ができないのです。しかし、よく考えてみてください。現在、ストレスが活性酸素の発生源となってさまざまな病気の発症につながると盛んに言われているようですが……では、どうしてストレスで活性酸素が発生するのか、そのメカニズムはまったく説明されていません。それにも関わらず、もはや当たり前の話のようになっている。

――その辺をみんな深く考えず、なんとなくストレスが活性酸素を発生させると言っているということですか。

久保田  そうです。まったく仕組みはわかっていないのに、ですよ。もっとひどいのは、よく使われる「2人に1人はガンにかかって、3人に1人はがんで死ぬ」というフレーズです。じゃあ、周りを見たらガン患者だらけかというと、そうではないでしょう? おかしいと思いますよ、これは。今のまま増加していったら将来ガンの発生率がこうなる、という話ならばわかりますが。

――思考停止に陥ってしまっている。

久保田  話は戻りますが、私は意識エネルギーの一種であるストレスエネルギーにより体内の水が「ラジカル解離反応」を起こし、生体内で最も強力な活性酸素であるヒドロキシルラジカルを生成すると考えています。ヒドロキシルラジカルは強い酸化力を持っており、重要な生体構成成分のタンパク質や遺伝子などを傷つけたりする。その結果、各種疾病やがん発症などにつながってくる。

■意識エネルギーを取り入れた科学の確立を!

――久保田先生は今後、日本サイ科学会としてどのような抱負で研究を継続されるおつもりですか? 塩素の害や意識エネルギーについて、どう啓蒙活動を?

久保田昌治氏(撮影=編集部)

久保田  今の科学は、この世の森羅万象を説明していません。科学では容易に説明できない、たとえば超常現象などを簡単にウソと決めつけ無視するようなことのない世の中になってくれたらと思います。それと、広い意味での意識エネルギーを取り入れた科学体系の確立と、その重要性を訴えていきたい。

 たとえば偽薬でも、効くと信じて飲めば明らかにプラス効果が得られることが、ダブルブラインド法を用いて科学的に証明されています(プラシーボ効果)。スポーツ選手が、持てる力を本番でそのまま発揮するためには、本人のメンタルの強さが重要だと言われますし、山や海で遭難した時に生死を分けるのは、「何が何でも生きて帰る」という強い意志だとも言われます。このように、現代の科学では説明できない意識エネルギーの作用を決して軽んじるべきではないのです。

 現在の科学は、再現性のよい、あるいは再現性のある物や分野を理論化したものにすぎないのです。しかし、今の科学が、現状我々が理論的に追うことができる唯一の科学であることは間違いなく、それはそれで大切にしていかなければなりませんが。

――同感です。声を大にして社会に伝えたいですね。

久保田  はい。それこそ「釈迦の霊泉」の効果・効能の最大の要因ではないかと推測しています。

コメント

3:匿名 2019年4月8日 06:04 | 返信

1

前半は読めるんだけど後半から何言ってんのかまったくわからないww外国語かな??ww

2:匿名 2019年4月8日 05:22 | 返信

↓途中からイミガワカラナイ‼️

1:匿名 2019年4月7日 20:45 | 返信

ありがとうの言葉を張った水はよい水の実験は今までもありましたがw
例えば美和さんやフライの窪塚さんがやった良い思念のぶつけた水とか
いろいろと明細に聞いて書いてほしかったですね
音的にありがとうを毎日書いたら変化するのか、文字的に貼り付けたら紙でも効果あるのかとかね
それだけも言霊的な意味での言葉の音としての意味でも単に音でもも差別化できる分けるだけだし
残念ながらこのきあしゃはひ寄りましたね
その程度のことは記者としてはわかってたはずです

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。