600年前の「セルフフェラ男の像」が発見され世界中が戦慄! お尻丸出しでチュパチュパ… 意外な理由が判明!

 1410年に建設されたドイツ・ケルン旧支庁舎にケツ丸出しでセルフフェラする男が掘り込まれていることをご存知だろうか?

 英紙「The Sun」(4月2日付)によると、セルフフェラ男が鎮座するのは、13世紀のケルン大司教コンラート1世・フォン・ホッホシュターデン像の足元。そんな徳の高い御仁の下にこんな卑猥な像を置いてしまって大丈夫かと心配になるが、600年にも渡り容認されてきたのだから問題ない……のか?

600年前の「セルフフェラ男の像」が発見され世界中が戦慄! お尻丸出しでチュパチュパ… 意外な理由が判明!の画像1
画像は「The Sun」より引用
600年前の「セルフフェラ男の像」が発見され世界中が戦慄! お尻丸出しでチュパチュパ… 意外な理由が判明!の画像2
画像は「tz」より引用
600年前の「セルフフェラ男の像」が発見され世界中が戦慄! お尻丸出しでチュパチュパ… 意外な理由が判明!の画像3
画像は「The Apricity」より引用

 とはいえ、性器までくっきりと描かれ、あまつさえそれを自分の口で奉仕するとは、むしろ現代では公の場に出せない代物だ。なぜこんなものが15世紀に造られたのだろうか?

 今回この像の存在を世界に向けて発信したツイッターアカウント「Whores of Yore」は、「なんでこんなところにこんなものがあるのか分からない」と頭を抱えているが、元ケルン市管理委員のウルリッヒ・クリングス氏によると、中世ではこうした像は珍しくなかったという。

「お尻は権力者たちに見せ付けるためのものです。性的なものを生々しく見せびらかすことで、モラルや権力者の命令なんて意にも介していないと示していたのです」(クリングス氏)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ