ピエール瀧の損害額が大きい理由が見えてくる! 業界人が徹底解説「芸能人逮捕、業界内の動き」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

ピエール瀧の損害額が大きい理由が見えてくる! 業界人が徹底解説「芸能人逮捕、業界内の動き」の画像1
画像は「ANNnewsCH」より引用

 残念なことに芸能人が逮捕される事件が後を絶たない。先日のピエール瀧の損害額が大きい理由が見えてくる! の逮捕では映画やドラマの公開や放送の自粛を巡って議論が巻き起こったが、先日のスポニチには賠償金が芸能界史上最高の計5億円を超える可能性もあるとも報じられた。

 このようなとき損害賠償金ばかりが大々的に報じられるが、テレビや映画、広告や出版業界では芸能人が逮捕されると、どのような苦労があり、どのように自粛や放送中止が決まるのであろうか。逮捕直後のリアルな様子を取材した。

「テレビでは警察担当の記者から逮捕の一報が入り、ドラマや映画、バラエティや情報番組、事業部門や営業部門の管理職に一斉速報され、各セクションごとに担当者や関係者が非常呼集されます。中でも大変なのがドラマです。自社ドラマに容疑者が出演していると、放送中止にするか出演シーンカットにするかを概ね1時間以内にジャッジします。単発のドラマや放送前の連ドラなら代役で出演シーンを再撮影する手もありますが放送が始まっている連ドラの場合、代役を出すとかえって視聴者が混乱するため、基本は二択なんです」(ドラマ関係者)

 二択になる理由は理解できるが、1時間以内のジャッジには何か事情があるのだろうか。

「中止にしてもカットにしても関係先への連絡やスタッフのスケジュール確保が早急に必要だからです。本当は1分でも早いほうがいいんですが、ひとつの目安として1時間をタイムリミットにしてとにかく迅速な決断を促しています」(同)

 なるほど。では、それぞれのケースでどのような対処になるのか。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年4月4日 19:53 | 返信

24時間テレビ放送3日前にやらかした
高畑ジュニアのときは撮り直しだったよな
なんとかしようと思えば なんとかなる

1:匿名 2019年4月4日 11:58 | 返信

これからの展開がわくテクですね

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。