男・山根明、11歳で”逆レイプで童貞喪失”の過去を激白! インタビュー中に号泣、豚野郎、親父と妻への愛…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
男 山根 「無冠の帝王」半生記(双葉社)

『男 山根「無冠の帝王」半生記』(双葉社)を出版した日本ボクシング連盟前会長・山根明(79)への独占インタビュー、その後編をお届けする<前編はコチラ>。今回は女性関係の話題からスタートしたが、途中、思わぬ場面で山根が男泣きをした。

 

――山根さんの著書には、甘く切ない初恋の話、強引に童貞を奪われた話など、女性関係の秘話もふんだんに盛り込まれていますね。

山根 ビートたけしさんの番組に出たときは「初体験は13歳」と言うたけど、たけしさんすいません、間違えていました。出版社の方が調べた結果、「11歳」やと判明したんです。本を出す際には、そういう裏取りもきちんとするんですね。ビックリしました。

――11歳ということは、小学校5年生ですよ。よくぞ、成し遂げましたね。

山根 いやいや、なんも味もわからんとやっとるわけですから……。事を終えた後、僕は泣きましたよ。ショックを受けたんですよ。そりゃそうでしょう。好きでやったんじゃないですから。

 

――山根少年はその直後、母親を韓国に置いたまま、単身日本へ密航しました。韓国の女性が怖くなったんでしょうか?

山根 その一件が怖かったというよりは、ほかにも苦労がたくさんあったんですよ。近所の人から「日本人! 日本人!」と言われて石ころを投げられたりして、惨めな生活を送っとったわけです。それと同時にね、大阪の堺に住んどる親父が恋しくもなった。親父とはいろいろありましたが、ええ思いもたくさんさせてもらった。僕は小さい頃、牛乳は飲んでいないんです。親父はヤギを2匹飼っていて、その乳を飲ませてくれた。それだけ贅沢させてくれた親父なんですよ。ボクシングも教えてくれましたし。

 僕はお袋似やさかいこんな顔ですけど、親父は男前でしたから、ファンも近所にようけおりました。夕方になると近所の奥様連中が家に来て、「息子さんをお風呂に入れてあげる」とか言うて、まだ小さかった僕の奪い合いをしとった。僕の面倒を見る口実で、親父と仲良うしたかったんちゃうかな。でもワシとこの親父は不倫をしなかった。まっすぐな親父やったね。

コメント

4:匿名 2019年4月12日 12:09 | 返信

話の中の真実は僅かと推測する。
この人、密入国者だとテレビで自分で言ってた。
密入国者が帰化できる、この事実が衝撃だった。
第二次大戦時に日本を守るために命を懸けて戦った”日本兵”にも、韓国が竹島を侵略し、厄介者を日本に押し付ける目的で朝鮮人優遇逆差別を飲ませるための犠牲になって殺傷されたり人質になった日本人にも失礼だ。

3:匿名 2019年4月12日 10:45 | 返信

わるいけど、半島ルーツの方が自分の過去を話すとき、たいていお涙頂戴に話を仕立てるので信用してません。加害者でも被害者ぶったりしますよね。日本人もいつまでも中韓人の作り話を真に受けて「おおめに見る」ことをやめなければ。

2:匿名 2019年4月12日 06:20 | 返信

女は怖いだけは同意

1:匿名 2019年4月11日 15:54 | 返信

いいから、通名使うなバ カ ヤ ロ ウ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。