男・山根明、11歳で”逆レイプで童貞喪失”の過去を激白! インタビュー中に号泣、豚野郎、親父と妻への愛…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

――しかし、山根少年が日本に着いたら、お父様はすでに新しい妻と共に暮らしていたんですよね?

山根 そこがねえ、いまだに僕が、理解できない部分でして……。それで親父と対立して、僕がグレだしたのは事実ですね。

――山根さんは結婚を4回していますが、不倫はしない主義ですか?

山根 僕はしませんよ。女性を好きになったら、前の女性とはちゃんと別れてから、きちっと籍を入れますよ。

――喧嘩っ早い山根さんですが、女性にも手が早い方ですか?

山根 いや僕、自分からは口説きません。嘘も隠しもないです!

――2番目の奥様に対しては、ボーリング場で知り合った当日から強引にアプローチをしたとの記述があったような……。

山根 あ、あれはねえ、あれは口説いたんじゃなくて、ボーリングが好きで、通っている間、寝るとこがなかったんですよ。息子と車中泊をしていましたから。彼女がタイプだったのは事実ですけど、住む家が欲しかったというのも事実。その日以来、彼女の出勤と退社を待ち構えて送迎ドライバーを買って出て、家に転がり込んだ。今の言葉で言うたら、ストーカーみたいなもんですね。うん。

――自分から口説かないということは、女性から寄ってくることが多いのでしょうか?

山根 北新地のクラブに週5で通っていた時期もあるんですが、あの頃はほんまにモテましたね。小林旭が熱を上げている女性もおったんですけど、その女性が僕にゾッコンだったんですよ。北新地ではそれ以外の女性からも、いろんな誘いがありました。でも僕は一切、誰とも手も握っていません! 異性関係、誰ひとりとも持っていません! これが僕の売りもんですよ。嘘も隠しもないですよ。

――ではここで、奥様に質問です。奥様は山根さんのどういう部分が好きなのでしょう?

 男らしさと、無口なところ。あとはこの世で唯一、尊敬できる人やから好きです。

――どういう部分が尊敬できますか?

 子供のときから命を奪われるぐらいの苦労をしてきて、それでも生き延びてきた強い生命力があるし、そんな貧しい環境の中でも悪い道に行かず、世のため人のためアマチュアスポーツのために奉仕できる精神もある。そういうところが尊敬できます。

――山根さんにはアンチも多いですが、その一方で、「あれだけの逆境にあっても自分を曲げない精神力がすごい」「良いことも悪いことも全部正直に言ってしまう性格が憎めない」などの理由で山根さんを支持する人もいます。そういう声は届いていますか?

山根 はい。僕ね、最初の頃は街角で「写真をお願いします」と言われたときは、相手に聞いていたんですよ。「ワルやなんだ言われているのに、なんで?」と。だって、あんだけ朝から晩までバッシングされとるのに「ファンです。応援しています」なんて考えられんでしょ? だから必ず理由を聞いてから写真撮影に応じていました。

コメント

4:匿名 2019年4月12日 12:09 | 返信

話の中の真実は僅かと推測する。
この人、密入国者だとテレビで自分で言ってた。
密入国者が帰化できる、この事実が衝撃だった。
第二次大戦時に日本を守るために命を懸けて戦った”日本兵”にも、韓国が竹島を侵略し、厄介者を日本に押し付ける目的で朝鮮人優遇逆差別を飲ませるための犠牲になって殺傷されたり人質になった日本人にも失礼だ。

3:匿名 2019年4月12日 10:45 | 返信

わるいけど、半島ルーツの方が自分の過去を話すとき、たいていお涙頂戴に話を仕立てるので信用してません。加害者でも被害者ぶったりしますよね。日本人もいつまでも中韓人の作り話を真に受けて「おおめに見る」ことをやめなければ。

2:匿名 2019年4月12日 06:20 | 返信

女は怖いだけは同意

1:匿名 2019年4月11日 15:54 | 返信

いいから、通名使うなバ カ ヤ ロ ウ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。