レオパレス問題をスクープしたテレビ東京のヤバさとは? 「本来はNHKの仕事…」関係者が苦言

レオパレス問題をスクープしたテレビ東京のヤバさとは? 「本来はNHKの仕事…」関係者が苦言の画像1
画像は「ガイアの夜明け」より引用

 在京テレビ局の中でも独自路線を突き進み、数々の伝説も作り上げてきたテレビ東京だが、あのレオパレス21欠陥住宅問題もテレビ東京があぶり出した。この姿勢には世間はもちろん業界内でも称賛の声が多い。

「そもそもれレオパレスの問題はテレビ東京の人気番組『ガイアの夜明け』で何度も特集をしたことから世の中に出たものです。最終的には謝罪に追い込み、国も動かしました。テレ東の背後にいる日本経済新聞は企業取材に関しては情報網が凄まじく、ここに勝てるマスコミは皆無です。こうした情報があるからこそできた特集と言えますが、テレビ東京が称賛されているのはスポンサーを恐れない姿勢です」(テレビ局関係者)

 たしかにレオパレス21と言えば各局でCMを出稿している。大スポンサーとは言えないまでもテレビ局にとっては敵にしたくない相手ではあるはずだ。

「お世話になっているスポンサー企業の場合、問題が発覚後に後追いで不祥事をニュースやワイドショーで扱うことはあります。しかし、今回はテレビ東京が自らあぶり出したわけです。これを放送すれば敵に回すことになりますが、それでもテレビ東京は放送に踏み切ったわけです。おそらく他局ならお蔵入りもしくは取材以前にストップがかかるはずですが、テレビ東京は本当の意味で中立公平を保ったわけです」(同)

 ニュースを扱うテレビ局には公平さが求められるが、たしかに一方ではスポンサーへの忖度があるのだろう。それを無視したテレビ東京に称賛の声が集まるのはこのような事情があるからのようだ。

 しかし、なぜテレビ東京はスポンサーを恐れずに放送できたのであろうか。

「やっぱり日経新聞の存在が大きいです。他のテレビ局は新聞社よりもテレビ局がグループの中枢でグループ全体の経営を支えていますが、テレビ東京は日本経済新聞のほうが経営を支えている状態です。しかも、一般紙とは異なる新聞なのでちょっとやそっとで経営が揺らぎません。だからこそ、その傘下のテレビ東京は何も恐れずにまい進できるんです。仮に企業がテレビ東京から撤退しても日本経済新聞があれば安泰なんです」(同)

 バラエティ番組などで予算をかけずに良質な番組を作り出すことで知られるテレビ東京だが、ドキュメンタリージャンルでも新たな伝説を作った模様だ。

 だが、今回のテレビ東京の一件を受けて、かえって批判に晒されているのがNHKだ。

「本来、こうした物事はスポンサー縛りを持たないNHKが頑張るべき案件と言われています。企業を恐れる必要がないわけですから受信料収入のことばかりに意識を向けないで、日本経済新聞に負けない取材力を培ってほしいものです」(同)

 たしかに公共放送を謳い、莫大な予算を使用するのであれば、こうした足で稼いだニュースを大々的に報じてほしいものだ。

文=吉沢ひかる

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ