まるで合成写真!? アンバランスすぎる”ロリ顔美女ボディビルダー”が話題沸騰中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

【日刊サイゾーより】

 筋骨隆々で逆三角形の上半身の上に乗っかっているのは、小さなロリ顔。そのあまりのアンバランスさに、思わず合成画像なのではないかと疑ってしまうところだが、ホンモノである。

 肉体を鍛え上げた女性というのは世の中に数多くいるが、中国遼寧省瀋陽市に住むチェン・ルーさん(21)の場合、ボディビルで鍛え上げた見事な肉体美だけではなく、それに勝るとも劣らない大きさのおっぱい、そして小さなロリ顔で、中国のネット民たちの間で瞬く間に人気者となった。

   瀋陽体育学院を卒業したチェンさんは、高校生の時にプロの女性ボディビルダーをステージで見て以来、その肉体美に憧れ、自分もその道を歩むことを決めたのだという。

 中国におけるボディビルは、文革時代には「ブルジョア的」として禁止されていたが、改革開放後の1980年代には解禁。以来、盛んになっているとまではいえないものの、国際大会で活躍するボディビルダーも出てきており、2017年にアメリカで開催された世界選手権では、中国人の女性ボディビルダーが初の総合チャンピオンに輝いている。

女性ボディビルダーには胸のほとんどない人が多いが、チェンさんの場合は…… チェンさんは毎日、最低5時間はトレーニングに励み、中国の全国プロボディビルダー選手権では第4位を獲得している。

 そんなチェンさんの体脂肪は13%。女性の場合、体脂肪率を落としていいのはせいぜい15%までといわれており、12%以下になると体にさまざまな弊害が生じてくるという。そういう意味では、チェンさんのボディはギリギリのところを保っているといえる。

 そのロリ顔とは裏腹に、甘え上手な女性になるつもりはないらしく、マスコミからの恋愛に関する質問に対し、「彼氏は私が守ってあげる!」と力強く宣言している。

 多くの男性もきっと、その胸に抱かれてみたいと思っていることだろう。

(文=佐久間賢三)

編集部

関連記事

    人気連載
    【事故物件】次々と人が死ぬ団地の隣人にまつわる超怖い話 ー 川奈まり子の怪談『隣人たち』

    【事故物件】次々と人が死ぬ団地の隣人にまつわる超怖い話 ー 川奈まり子の怪談『隣人たち』

    作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

    人気連載
    7月22〜28日「今週の不幸を回避する」4択占い! このままだと絶望・後悔… Love Me Doがラッキーフードも伝授!

    7月22〜28日「今週の不幸を回避する」4択占い! このままだと絶望・後悔… Love Me Doがラッキーフードも伝授!

    ■2019年7月22日〜28日「今週の運命を劇的に変える...

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。