Janne Da Arc(ジャンヌダルク)解散、評判が超悪かったka-yu! V系業界では“幼児にフ○ラ強制”事件も!

関連キーワード:

,

Janne Da Arc(ジャンヌダルク)解散、評判が超悪かったka-yu! V系業界では幼児にフ○ラ強制事件も!の画像1
tour 2005″JOKER” [Blu-ray]/amazonより

 人気ビジュアル系ロックバンド「Janne Da Arcジャンヌダルク)」が1日、公式サイトで解散を発表した。その裏にはベーシストの「ka-yu(カーユ)」の脱退が大きく関わっているという。所属事務所の発表によれば、昨年、カーユ宛てに内容証明郵便が弁護士事務所から所属事務所に届いた。詳細は裁判で係争する可能性があるので、公表を控えているが「そこに記載されている事柄が、もしも全て事実であるなら、社会的正義から著しく反する行為である」(事務所ホームページ)といい、関係者はかなりのショックを受けたようだ。一体何を〝やらかした〟のか?

 ビジュアル系バンドに詳しい関西在住のイベンター男性は「ついに表に出たか、という感じ」とした上で、次のように証言する。「何でもやってますよ。ファンの子に大金を貢がせたり、暴力をふるったり…。脅迫まがいのこともしているでしょうね。ジャンヌダルク自体はレジェンドですが、カーユに関しては悪い話しか聞かない。めちゃくちゃ評判悪かったですから」

 だが、ビジュアル系業界でこの手の〝悪行〟は氷山の一角。他の業界では考えられないほどエゲつないアーティストとファンの関係がまかり通っているのも事実だ。「わいせつな動画を撮って恐喝する行為が、一部の不良ミュージシャンの間で横行している。お金を用立てできない女性には知人の風俗店を紹介し、裏でスカウトマンとしての報酬を得ている。やっていることはヤクザよりひどい」(同)


 昨年も某ビジュアル系バンドのメンバーKをめぐって、ネット上で告発が飛び出した。子持ちの女性ファンと懇意になったKは、次第に金をたかり、暴力をふるい、挙句の果てには「彼女の娘(幼児)に性的ないたずらをするようになった」(事情通)。物心つなかい幼児の前でズボンを脱ぎ、股間を触らせたり、舐めさせようと仕向けたり、反対に女児のアソコをイジるなどして、性的興奮を満たしていたという。それも母親の目の前でだ。

「母親もKから暴力を受けていたが、ある時、警察に駆け込んだ。そしてツイッター上でKの悪行を告発。すると、Kは最初こそ『ふざけんな』とブチ切れていたが、次第に『自殺する』『精神的に限界』などと泣きを入れ、一目散に逃げた」(同)

 良識あるビジュアル系アーティストもいるなか、一部のクズの行為でシーン全体のイメージが損なわれるのは悲しいことだ。

文=田中権蔵、文=編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ