銭湯絵師・勝海麻衣氏、ツイッターID変更で乗っ取られる! さらに有名占い師が予言、アート界から苦言、問題の本質は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント13
鏡の中のりんごは何色ですか?』(サイゾー)

 さらに、芸能界最強ともいわれる占い師のLove Me Do氏は、この事態を事前に予測していた。Love Me Do氏は、自身のブログやイベント、新刊『鏡の中のりんごは何色ですか?』において、今年はじめからこう予言していたのだ。

「2019年は亥年ですが、大地が湿っているイメージの己(つちのと)という漢字が載っているので、大地を表します。なので大地、畑や田の漢字が付く名前の人(田村さん、田口さん、森田さん)などが注目されます。また水系など、さんずいが付く名前の人も注目が。さらに、地下水や地下資源がテーマの年でもあり、水回りに注目です。また、井戸や、井戸の「井」「戸」が名前に入っている人が注目されます。ですから全体として、「土」など、地面系の名前が付く人が注目されやすい年です」

 そう考えると、今回の騒動はこの予言と完全に合致していることがわかる。

「銭湯=大地が湿っているイメージと完全合致。水回り、地下水も完全合致」
「勝海麻衣=さんずい」
「湯島ちょこ=さんずい」
「丸山清人=さんずい」
「町田忍=田んぼ」

 など。すでに新井浩文やピエール瀧問題も的中しているだけに、「さんずい」や「井、田、土」などの文字が名前に入る人は気をつけてほしい。とはいえ、有名人が問題を起こすことで、一般の人には逆にプラスに働くこともあるそうなので、嬉しいサプライズもあるかもしれない。

編集部

関連キーワード

コメント

13:匿名 2019年4月10日 17:05 | 返信

全く当たらなかった、3月末の地震予言には触れないのねw

12:匿名 2019年4月9日 23:54 | 返信

TOCANAの始まったばかりの数年前にはこれほどまで胡散臭い占い師の記事などはなくむしろ冷静で上手いと唸らせる文の記事が多くかったと記憶しているが
今は頭悪そうで面白みもない誤字ばかりの記事になってオワコン的空気がただよっている・・
担当記者の質が落ちていることは明らか

11:匿名 2019年4月9日 13:00 | 返信

本人が離したスクリーンネームを他人が使っただけでしょ。
なんだよ乗っ取りって人聞きの悪い。

10:匿名 2019年4月9日 11:59 | 返信

>> 9

デイリードラマ「羅ぶちゃん。をプロデュース」
 
提供:トカナ

9:匿名 2019年4月9日 10:53 | 返信

冷静に第三者としての記事書いてたTOCANAが好きだったのに
ラブちゃんに洗脳されてしまったのかな

8:匿名 2019年4月9日 10:20 | 返信

それらの漢字なら俺も当てはまる

その法則があるなら、
猫将軍まで当てはまれよ

7:匿名 2019年4月8日 22:00 | 返信

TOCANAは大好きだけど
最近このうさん臭い占い師を推しすぎ
この人が出て来ただけで読む気が失せる

6:匿名 2019年4月8日 20:36 | 返信

「乗っ取り」じゃないだろ
正しい言葉を選択しろよ

5:匿名 2019年4月8日 20:33 | 返信

「有名占い師」って、トカナの中ではでしょ?

世間は誰も知らんで。

4:匿名 2019年4月8日 19:52 | 返信

最後のページ
ラブちゃんのくだりがいらない記事

3:匿名 2019年4月8日 17:11 | 返信

銭湯絵師・勝海麻衣
言論での せんとう力=0

2:匿名 2019年4月8日 16:00 | 返信

占いはこじつけ感がモノスゴイ‼️

1:匿名 2019年4月8日 15:56 | 返信

これはID入れ換えただけ
まいまい応援のIDは3月から始めている。
勝海さんの昔からのIDも健在。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。