平成時代「5ちゃんねる」で最もスレが伸びた芸能ニュースはまさかの“●●”だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 一方、騒動の拡大とともにヒヨっていったのが、当の高岡。事務所退社時には「一つの呟きからの大きな波紋により、事務所の関係各位にはご迷惑をお掛けしました。当然の結果だと思っております」と謝罪。ツイッターでも「不買運動は勧めない、脅しでは何処かと変わらない」「最近は違和感が上回ってる」「なんか方向性が明らかに違う気がする」などと、急によそよそしくなっていった。さらに当時妻だった宮崎あおいと音信不通であることを突然明かし「家の妻は自分と一緒の思想ではありません」と発信した。2人は同年12月末に離婚した。

 フジにとっても高岡にとっても、この騒動が1つの転換期であったことは間違いない。俗に言う「ネトウヨ」と呼ばれる人たちが急増したのもこの頃。高岡は芸名を高岡蒼佑→蒼甫→蒼佑→奏輔→蒼佑にコロコロ改名。迷走ぶりがうかがえる。

 2016年1月には東京・三軒茶屋近くの路上で20代男性に対し顔面を数発殴ったり、腹を蹴るなどして軽傷を負わせた傷害の疑いで逮捕(示談成立後、不起訴)。高岡は半グレ集団「関東連合」の元メンバーともウワサされ、元妻・宮崎をめぐる「V6」岡田准一とのトラブルでは、狂気の一面ものぞかせた。舞台裏を知る関係者の証言。「妻を“寝取られた”と思った高岡は、都内の個室カラオケ店に岡田を呼び出し、激詰めした。実はその時、高岡は関東連合のOBを引き連れていて、彼らが岡田を囲んで恫喝した。チビった岡田はその場で『芸能界を引退するので勘弁して下さい』と半泣き。のちにジャニーズ事務所が間に入ったようですが、岡田にとって最大のトラウマとなったようです。

 ここ数年、カラダを鍛えているのも『自分の身は自分の身で守る』と教訓にしたからだそうです」昨年11月、高岡は一般女性と再婚し、すでに2児の父になっていることを公表。関係者によれば「最近の趣味はパワースポットめぐりで、特に鎌倉がお気に入り」という。ご利益があればいいが…。

文=編集部

コメント

3:匿名 2019年4月11日 08:25 | 返信

高岡じゃなくてフジが過剰だったのは明らかじゃん。
今の韓国見てたらこういう下げ記事通用しない。

2:匿名 2019年4月11日 06:38 | 返信

今の韓国をみれば高岡が正しかったとわかるだろう!

1:匿名 2019年4月10日 13:20 | 返信

フジテレビでのデモはすごかったもんなぁ。
その怒りは、スポンサー企業の不買行動として全国にまで発展して。
 
この後から、テレビがオワコンだとの認識が人々に急速に広まったように感じる。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。