【閲覧注意】2本のペニスをもった赤ん坊の“放尿映像”が圧巻! 「陰茎重複症」の神秘的股間!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】2本のペニスをもった赤ん坊の放尿映像が圧巻! 「陰茎重複症」の神秘的股間!の画像1画像は、「Site de noticias」より

 男児が2本のペニスをもって生まれる先天異常を「陰茎重複症」という。陰茎重複症は男性600万人に1人程度の発生率で、1609年に最初に報告されて以来、100件程度の症例しか記録されていない。発症の原因として胎児期のストレスや遺伝子の変異などの影響が考えられているが、はっきりしたことはわかっていない。

 陰茎重複症患者は、腎臓や脊椎、後腸、肛門などにも異常を併発していることがあり、脊椎骨が形成不全となって起こる「二分脊椎症」のリスクも高い。こうした事情から、さまざまの感染症を発症して死亡するケースが多いという。また、無事に生存できた赤ん坊のその後の人生については、2014年に出版された陰茎重複症患者の自伝『Double Header: My Life with Two Penises(ダブルヘッダー:ペニスが2つある人生)』に詳しい。そんな陰茎重複症を記録した貴重な映像を海外のニュースサイト「Site de noticias」から紹介しよう。

 動画に映っているのは、泣き叫ぶ赤ん坊の下半身だ。両足の間には黒ずんだ大きな陰嚢がある。ここまでは、生まれたばかりの普通の赤ちゃんだ。しかし、よく見ると股間から2本のペニスが生えているではないか! 陰茎の両方、もしくは片一方が機能しないのかと思いきや、どちらからも勢いよく尿が噴出する。どちらのペニスも、生殖器としての機能はさておき、排尿する役割は果たしているようだ。動画の詳細は記載されていないため、この後、赤ん坊がどうなったのかは不明である。

 昨年9月には、インドのウッタル・プラデーシュ州で、4本の足と2つのペニスをもつ赤ん坊が生まれた。以前トカナでも報じた通り、この赤ん坊は陰茎重複症ではなく、一卵性双生児の一方がもう一方に結合したり、吸収されたりする「寄生性双生児」だった。両親は我が子の異様な姿に仰天する一方、地元の人々は赤ん坊を「神の奇跡」と呼んで崇めたという。最終的には、赤ん坊は余分な足とペニスを除去する手術を受けることとなった。

 2本のペニスを持って生まれた赤ん坊たちが、困難を乗り越えながらすくすく育っていくことを願いたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?