暴かれた「酒井法子の正体」が昔も現在も激ヤバだった! 今も荒稼ぎ&ミニスカ…取材記者が暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

,

,

 同年秋に始まった初公判の裁判傍聴の抽選は傍聴席20席に対し、6615人が殺到。倍率は330倍で、日本の刑事裁判史上最高を記録した。法廷で酒井は涙ながらに罪を認め「芸能界を引退し、介護の仕事をやりたい」と宣言。懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けたが…。

「介護の資格取得のため、群馬の創造学園大学に進学したものの、この大学自体が完全なブラック。学長は学債を乱発した挙句、行方不明になるし、教職員の賃金は未払い。その後学校はなくなりましたが、末期には半グレ集団が学校の経営に入り込み、職員室から〝学債詐欺〟の電話をかけていたほどです」(経済誌記者)

 結局、介護の話もウヤムヤとなり、酒井は2012年末から「オフィスニグンニイバ」に所属。国内ではパチンコ営業、舞台出演、ディナーショーで生計を立て、ファンの多い中国でイベントを開催し、荒稼ぎするスタイルが定着している。

 ワイドショー関係者によると「パチンコ営業は好評でギャラは1回100~200万円。ディナーショーも満席で数百万円の利益が出ているそうです。これが中国だとケタ違い。酒井さんがミニスカ姿でテニスボールを打つだけの撮影で1億円のギャラだったという話です」

 先月27日にはテレビ東京系「THEカラオケ☆バトル またやっちゃう?あの大ヒット曲、ご本人は何点出せるのか SP」に出演し、11年ぶりの地上波復帰を果たした。同番組ではネット上で「白いクスリ」と皮肉られた代表曲「碧いうさぎ」を熱唱。芸能プロ関係者は「このところ中国での〝営業〟も頭打ちのようだから、これからは国内の芸能活動を本格化させていくのだろう」と推察する。

 したたかな女性である。

 

文=多田建造

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年4月16日 21:42 | 返信

息子はちゃんと育ってるのか?
三田次男みたいにならないといいけど

2:匿名 2019年4月11日 21:15 | 返信

AVに期待してたんだがな

1:再掲載 2019年4月11日 11:06 | 返信

芸能界なんていらないんだよ。
もうテレビなんて見るな!芸能人の作った商品なんて買うな!芸能人の経営する店には行くな!
腐った業界を破壊するには不買運動をするしかない。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。