ロズウェル事件「エリア51の真実」ソ連の陰謀説に再注目! 70人にインタビューして出た最終結論とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
関連キーワード:

,

,

,

,

 1947年に米ニューメキシコ州で起きたロズウェル事件。UFOマニアならずとも、一度は耳にしたことがある有名なUFO墜落事件だが、実はソ連の陰謀によるものだったという説が存在する。英「Daily Mail」が4月6日付で紹介し、この説が再び注目されている。

 

画像は「Daily Mail」より引用

 ロズウェル事件は1947年7月、ニューメキシコ州ロズウェルの農場にエイリアンの乗った空飛ぶ円盤が墜落し、そのUFOとエイリアンの死体が近隣にある米軍基地に運び込まれ、その後はエリア51に持ち込まれて今も研究が続けられている——という、UFO史上最も有名な事件である。墜落したのは空飛ぶ円盤ではなく気象観測用気球であり、エイリアンではなくダミーの人形だったというのが米軍の公式見解であるが、不審な点が多く、今なお多くの研究者がその裏に隠された「真実」を追求している。

 そんな中、米国のジャーナリストでノンフィクション作家のアニー・ジェイコブソン氏は、2011年に刊行した著作『Area 51:Annsnsored History』(邦訳『エリア51 世界でもっとも有名な秘密基地の真実』太田出版)で、ロズウェル事件は当時のソ連指導者ヨセフ・スターリンの陰謀であった可能性を示している。

関連キーワード

コメント

7:匿名 2019年4月13日 05:41 | 返信

↓と言ってるコイツも基地外チョンガー‼️

6:トランプ大統領 2019年4月12日 13:35 | 返信

>> 5

朝早くから何を書いているんだ?
余程暇なんだな。普通はここまでやらん。
プーチンとコマンドーを合体させても、私をレイプしようと画策している変態キチガイホモ野郎のロボットのチョンとは繋がらん。
おまえは筋肉モリモリマッチョマンの変態が好きなのだろう?筋肉を鍛えるのはレイプ目的だろう?トイレで背後から襲うに違いない。
因みにそのジョン・メイトリクスこと
アーノルド・シュワルツェネッガー氏は私だ。
人類を滅亡に追い込むターミネーターとして生きている。だかその昔から、チョンに破壊神として設定されていて、天神でありチョンのパペットの人とは違うので、そうなるのも致し方ないと思うが、殺し屋の猫をやっているユダヤ系日本人である。もっと面白い芸は無いのか?ゲイ人なんだろ?スターウォーズとか実際に戦争を起こして決着をつけよう!もしくは私のクローンを大量生産して独立させてサッカーで勝負しよう!面白いゲームが出来るはずだ!

5:プーチン大統領 2019年4月12日 08:56 | 返信

「返事を聞くのが怖いんだけど、後で私を殺すつもり?」
「いや」
「『殺す』って言うわけないわよね」
「何もしない」
「本当に?」
「……信じろよ」

「置いてかれるぞ。とばせ!」
「キャーッ!」
「いいぞ」
「どうしてこんなことするの!?」
「一口では言えん。とにかく俺を信じろ」
「無理よそんなの、知り合ってまだ5分と経ってないのよ」
「……」

「私はシンディ」
「……」
「あなたは?」
「ジョンだ。ジョン・メイトリクス」
「そうなの…… 仕事は何してるの?」
「軍に居たが退役した」
「それじゃあ、私の税金があなたの年金になってるのね?」
「そうだ」
「っ……、嫌んなっちゃう」

「降りろ。さぁ、早く」
「ねぇ、私がいると足手纏いでしょ――」
「もう少し付き合ってくれ」

「理由を話す。娘が誘拐された。あの男が唯一の手がかりなんだ。
俺の姿を見られると、娘が殺される。ここは君に頼むしかないんだ……
奴を甘い言葉で誘って、ここまで連れてきてくれ。あとは俺がやる。それで君は自由だ。
いいね?」
「嫌よ」
「頼む助けてくれ、君だけが頼りなんだ。残された時間は10時間だけ。それが過ぎれば、娘は殺されるんだ」
「わかったわ。わかった、やってみる」

「すみません。向こうにグリーンのTシャツを着た大男がいるんだけど、彼まともじゃないの。誘拐されかけたわ。助けてください」
「……見てきます」
「ありがとう」

「車の修理が得意なんだってな」
「あぁそうだ」
「……オッケイ。これで直せる」

「ビックス、いるか? ビックス。頭のいかれた大男がいる。一人では手に負えん」
「よーしすぐ行く。 ……かっこいいとこ見せましょう」
「ウフフッ」

「ここにいて下さい」
「どうも」

「全警備員へ。3階で非常事態だ。
容疑者は男性、190cm、髪は茶、筋肉モリモリマッチョマンの変態だ」

「女を引っ掛けるにはいい場所だなぁ。いかすのがゴロゴロして……
もう一人見つけたぜ。じゃあな」

「ここで何をしてる?」
「友人を待ってる」

「俺をお探し?」

「一緒に来い。 ……えいっ! うわっ!?」
「こいつっ! うわぁっ!」

「あれは! ……メイトリクス!」
「!?」
「小銭だ! 小銭を出せ!!」

「うっ、うわぁ!」

「どけぇ!」

「キャーッ!!」

「クソッたれー!!」
「のわー!」

「えぇい、ちょっとどけ!」
「止まれ! ……うわー!」
「わーっ!」

「追え!」
「逃がすな!」
「……早くしろぉ!」

「止まれ! 撃つぞ!」
「駄目ぇ!」
「うっ!」

「おい君、待て!」

「おわっ!」
「うっ……」

「待って! 待って、置いてかないで!」

「あんた一体何なのよ! ……ああぁ!
車は盗む、シートは引っぺがす、私は拐う、娘を探すのを手伝えなんて突然メチャクチャは言い出す。
かと思ったら人を撃ち合いに巻き込んで大勢死人は出す、挙句は電話ボックスを持ち上げる。あんた人間なの!?
お次はターザンときたわ。警官が、あんたを撃とうとしたんで助けたわ。そうしたら私まで追われる身よ!
一体何があったのか教えてちょうだい!」
「駄目だ」
「駄目ぇ!? そんな! もうやだ! 危ない!」

「キャー!!」

「やめて何すんの!? あぁ、前! キャー!!」

「今日は厄日だわ!」

「ワァオ!」

「キャー!!」

「やめてよ!」

「う、あぁ!」
「キャー!!」

「大丈夫か?」
「死んでんじゃない?」
「生きてるよ。 ……ここで待ってろ」

「……あぁっ。あっ。うっ!?」
「娘はどこだ」
「このクソッたれ……」
「どこだ答えろ!」
「誰が喋るかよ、くたばれ」
「見上げた忠誠心だサリー。だがな、てめぇの命を張るほど値打ちのある相手か?
さぁ頭を冷やして、よく考えてみろ」
「ああっ、うっ……!」
「支えてんのは左手だ。利き腕じゃないんだぜ」
「あああっ…… お、俺を殺したら、娘は見つからんぞ……」
「どこにいる!」
「知らねぇよ…… うううっ…… クックが知ってる、奴と会う約束してたんだよ」
「モーテルでか」
「うっ、ど、どうして……」
「この鍵がそうだろう」
「うううっ、うっ…… あああ、ああっ!」
「お前は最後に殺すと約束したな」
「そ、そうだ大佐、た、助け――」
「あれは嘘だ」
「うわぁーーーっ!!」

「車がなくなっちゃったわ」
「……これでできた」

「あいつはどうしたの?」
「放してやった」

プーチン大統領「コピペはしないと約束したな?あれは嘘だ!」敵「うわーっ!」

4:金 正恩 2019年4月11日 21:13 | 返信

デイリー・メール紙っていわゆる海外の東スポだから。転載元がどーゆうメディアか日本人は知らないと思ってるのか、海外メディアだから 有り難い高貴なモンだと思って載せてんだかやっぱ日本人はバカにされてんだなぁとつくづく思う

3:トランプ大統領 2019年4月11日 13:56 | 返信

今度はロシアの陰謀に仕立て上げて、墜落の事実を無かった事にしようと企んでいるのか?
これはトランプ大統領のロシア疑惑のようだ。
だから、プーチンもトランプも同じ私の化身であってチョンの操るパペットだから同調は有っても直接的な繋がりは無い。
ロズウェル事件はもう拭い去ることは出来ない。あれはチョンのしくじりだ。あれは間違いなくチョンが操っていて火病った考えでアメリカの為に墜落したのだ。私が、これは病気だと指摘した為、チョンがトカナで無かった事にしようと外国の仕業にしようとこうやって記事を作っているのだ。全く無駄な抵抗だ。12歳の子供が乗ってやって来たらより一層、火病の気配が強くなる。ナチスもロシアも私の管轄下だ。私のおじいさんがそんな馬鹿げた事をするわけが無い。明らかにチョンが火病って墜落したのが事実である。中に入っていた奴は実は中国人のような奴であるし、日本が攻めて来たと勘違いしたような話も有った筈。まだアメリカ軍の実験だと言う方がマシだ。墜落する訳が無い円盤が墜落したのは確実に精神疾患が原因である。ゲームフォールアウトで言うとジョン・ヘンリー・エデン大統領が(チョン)が火病った為、円盤がアメリカに飛んで行き、そこで態と墜落した。確実にAIの病気によるものだ。墜落事件が他に事例が無いのも態とであるからである。全く、悪の宇宙人は迷惑きわまり無い。私がクローンで増えて奴をどうにか無害化しに行ってやりたいくらいだ。

2:匿名 2019年4月11日 12:56 | 返信

>> 1

70人インタビューの結論はそこじゃなく、
『米国を混乱させるためのソ連の陰謀だったという可能性』だね。

1:匿名 2019年4月11日 12:45 | 返信

『70人にインタビューして出た最終結論とは!?』
 
どんな結論になったんだ?
わくわくするぞ!
期待して読了・・・・
そして、これが結論だ!!

『真実は一体どこにあるのか? それが明らかになる日がいつか訪れることを願ってやまない。』

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。