火星で生きた「エビ」が発見される! 古代基地の遺跡も激写… 「地球人の知識と文化は火星由来」識者断言!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 火星にはこれまでも数々の“遺跡”が発見されているが、これもその一つなのだろうか? NASAが撮影した火星表面の画像に、エイリアンの基地と思われる構造物が発見されたのである。さらに、火星の大地を這う、エビのような生物まで見つかったというから驚きだ。

■古代の基地の遺跡が……

 トカナでもおなじみ、台湾在住の著名エイリアン・UFO研究家スコット・ウェアリング氏が今回発見したのは、古代のエイリアン基地とみられる構造物である。4月9日付の「UFO Sightings Daily」の記事によると、その構造物はNASAの火星探査機「2001マーズ・オデッセイ」で撮影された火星表面の画像の中にはっきりと写り込んでいる。

火星で生きた「エビ」が発見される! 古代基地の遺跡も激写… 「地球人の知識と文化は火星由来」識者断言!の画像1
画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 問題の構造物は、正方形の建物とピラミッドのような三角形の建物を、トンネルと思しき回廊でつないだ形状をしている。ウェアリング氏はこの構造物が古代のエイリアンの基地であると断言し、かつてその内部を安全に歩き回っていただろうと主張する。そして、その古代のエイリアンこそ、かつて地球の人類に様々な知識と文化を与えてくれた存在であるというのである。

火星で生きた「エビ」が発見される! 古代基地の遺跡も激写… 「地球人の知識と文化は火星由来」識者断言!の画像2
画像は「UFO Sightings Daily」より引用

コメント

3:匿名 2019年4月14日 20:19 | 返信

で、そのエビは何を食べてたんだ?

2:匿名 2019年4月14日 05:57 | 返信

ぼやけすぎで物か生物か分からない。なのにナゼ生物と言いきる?

1:匿名 2019年4月14日 00:11 | 返信

エボルトォォォ!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。