木村拓哉が遂に”引退”について言及!? 「元号が変わったら…」松本人志や坂上忍…自身の引退を語った4人!

木村拓哉が遂に引退について言及!? 「元号が変わったら…」松本人志や坂上忍…自身の引退を語った4人!の画像1
画像は、「吉本興業」公式サイトより

 今は第一線で活躍している芸能人も、いつかは現役を退く時がくる。最近はダウンタウンの松本人志(55)が“引退”について言及し、人々をざわつかせていた。

 3月31日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、歌手・森昌子(60)の引退会見について特集。彼女は年内で芸能界を退くそうだが、このニュースに関連して松本は「俺もあと5年やから」と60歳での引退を匂わせている。また上岡龍太郎(77)や島田紳助(63)などの先輩芸能人が60歳近くで辞めていったことに触れ、「俺もそこまで長くないんじゃないかなぁと……」とも発言。これに視聴者からは、「そうか、松本さんもあとちょいで60歳なんだな」「本当に引退したらテレビ業界が終わりそう」「あんまり好きじゃないけど、いなくなったら寂しい」といった声が寄せられていた。

 今回はそんな松本のように、自身の引退について語った芸能人を紹介していこう。

●明石家さんま

木村拓哉が遂に引退について言及!? 「元号が変わったら…」松本人志や坂上忍…自身の引退を語った4人!の画像2
画像は、「吉本興業」公式サイトより

 まずは大物お笑い芸人の明石家さんま(63)。60代でも切れ味鋭いトークを武器に様々な番組で司会を務めているが、今年3月放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBS)で引き際に触れる場面があった。

 ラジオ内で彼は、先日引退を表明したイチロー(鈴木一朗/45)について言及。「イチローさんなんかでも『バッティングスイングがちょっと違う』とか、『目が衰えてきてる』とか言うけども、俺らもやっぱり衰えてきてる訳よ。笑いの反射神経とか、言葉のチョイスの速さとか」「それをキャリアでごまかしているだけ」と自分に重ねている。さらに「衰えた時にすっとやめようと……」とも告白。しかし彼は以前から“引退”を匂わせているものの結局現役バリバリで続けているので、芸能界を去るのはまだまだ先のことかもしれない。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ