【閲覧注意】 散らばる肉片、内臓、生首… タンクローリー事故現場の清掃風景が激ヤバ! 目に焼き付けるべき交通事故のリアル

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】 散らばる肉片、内臓、生首… タンクローリー事故現場の清掃風景が激ヤバ! 目に焼き付けるべき交通事故のリアルの画像1画像は、「Best Gore」より

 東京都豊島区東池袋で今月19日、板橋区弥生町の無職、飯塚幸三さん(87)の車が赤信号を2回無視して速度を上げながら交差点に進入し、自転車で横断歩道を渡っていた母子をはねて死亡させる事故が起きた。その他に歩行者ら6人、さらに飯塚さんと同乗者の妻(80)も重軽傷を負った。飯塚さんの車のドライブレコーダーには、ガードパイプとの接触からゴミ収集車に衝突して止まるまでの様子が収められており、ブレーキをかけず法定速度50キロを大きく超えて暴走したとみられている。

 今回の事故が報道されると、ネット上ではさまざまな憶測が飛び交い、飯塚さんに対する非難が集中している。同時に、高齢者の運転をめぐる議論も再燃した。高齢ドライバーによる自動車事故は以前から社会問題となっているが、当の高齢ドライバーは「運転に自信がある」と考えて、運転免許を返納しようとしないことも多い。そんな高齢ドライバーには、事故の悲惨さをしっかりと目に焼き付けてもらうのが一番かもしれない。そんな“再教育”にふさわしい動画を海外の過激ニュースサイト「BestGore」から紹介しよう。

 衝突事故だろうか、横転したタンクローリーの車両――。路上やその脇には車両の破片だけでなく、バラバラにちぎれた人体の一部も散乱している。作業員がそれらを集めて、容器に入れていく。かつて人間だったとは思えない、ボロボロになった肉片の数々。容器は赤黒い肉片や臓物、衣服の破片などであふれており、事故の激しさがうかがえる。動画中盤、1人の作業員が生首を持ってきた。ボロ布に包まれたその生首は、死の直前に叫んだのか、口を開けたままの表情だ。ニュースなどでは報じられない事故現場の清掃作業は、こんなにもおぞましいのである。

 動画はブラジルで撮影されたものと思われるが、同様の事故は世界各地で日々起きている。特に日本のような高齢化社会では、高齢ドライバーにこのような現実をしっかりと理解させ、それでもなお運転したいかどうかを問うべきではないか。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連記事

    18歳未満閲覧禁止

    ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

    閲覧しますか?