深田恭子、TOKIO松岡昌宏、椎名桔平らがヤバ過ぎる!? 超絶ナルシストや恐怖電話…業界で“面倒くさいヒト”と言われてしまう8人を大暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
画像は「ナチュラルエイト」より引用

「爆笑問題」太田光ぜんじろうのバトルが白熱している。どちらが先輩後輩かの不毛な議論でここまで盛り上がるのだから、大したもの。太田はぜんじろうのことを「厄介な奴」と形容したが、芸能界には他にも〝厄介者〟が数多くいる。

 例えば、マスコミ業界でクレーマーとして有名なのは、〝ご意見番〟の風格漂わすマツコ・デラックス

「マツコさんの友人のネタを記事化しようとしたところ、編集部にマツコさん本人から電話があって『どういうつもりなのよ』『そんな仕事して何の意味があるのか』と延々と講釈されました。その友人に頼まれて電話してきたようですが『面倒くさいなぁ』という印象しかありません」(女性誌記者)

 某スポーツ紙でも過去に一面でマツコの素顔を報じたところ、烈火の如く怒り狂ったマツコ本人から「ただじゃおかない」と〝恐怖電話〟があったというが、あいかわらず人気者で、業界でもマツコのタレント性を褒める声が多く、人間性においても信頼されているからこそ、テレビで引張だこなのだろう。

 触ると火傷するのが、デヴィ夫人叶姉妹だ。スポーツ紙記者によると「2人はすぐに法的措置をチラつかせてくる。メディア報道すべてに目を通していて、自分たちのことが少しでも悪く書かれていると、とんでもない勢いで抗議がきます。今でこそテレビやネット世界で引っ張りダコですが、大半のマスコミは『敵にしない方がいい』という認識。とはいえ、悪い噂もあまりないのですが…」という。

 意外なのは、実力派俳優の椎名桔平真木よう子。この2人もマツコ同様、気に入らない記事があると抗議してくるが、電話ではなく、なんと編集部に直接乗り込んでくるという。

「ある社に乗り込んできた椎名さんは、編集者やカメラマンを横一列に並べて、1人ひとりに『記者失格だ』だの『おまえは才能がない』だのと説教し始めたそうです。真木さんも最近、ある週刊誌の編集部に乗り込んで『記事を止めて!』とまくし立てたとか。腕はガリガリでテンションもおかしかったため、違う意味で『ネタになる』となったようですが…」(事情通)

人気連載
好きな人の“心の中が読める”4択夢占い! 恋愛できる可能性は… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言!

好きな人の“心の中が読める”4択夢占い! 恋愛できる可能性は… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言!

■相手の心には今、どんな存在が……? 「あなたの夢の中に...

人気連載
「アノ人が求めているもの」がわかる4択ガチャガチャ占い! 駆け引き、共同作業… Love Me Doが徹底アドバイス!

「アノ人が求めているもの」がわかる4択ガチャガチャ占い! 駆け引き、共同作業… Love Me Doが徹底アドバイス!

■あの人が“愛情以外に求めているもの”とは? 「2人で1...

コメント

2:匿名 2019年5月3日 05:07 | 返信

これ本当なの?
マスコミって無神経に人を追い回したり、人の家の前で張り込んだりして、何かあると報道の自由を振りかざして身勝手極まりないイメージあるけど、ガーガー言われたからって大人しくなるもんなの?
だったらみんな乗り込んでガーガー言ってやりゃあ誰も書かなくなるんじゃないの?

いい大人がルール無視してうえーいってスケボーだの、メロンパンナちゃん連れてきて撮影押す?
どこまで本当なんだろう?何か嘘臭いなぁ…

1:匿名 2019年4月26日 22:11 | 返信

壊れっぷりでいうと松岡だね
ジャニタレの闇は深い

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。