【3歳女児虐待事件】娘のクリトリスを切り取る「女子割礼」した鬼畜母! 冷蔵庫から見つかった“ヤバすぎるもの”に世界戦慄!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
【3歳女児虐待事件】娘のクリトリスを切り取る「女子割礼」した鬼畜母! 冷蔵庫から見つかったヤバすぎるものに世界戦慄!の画像2
発見されたメモ 画像は「The Daily Mail」より引用

 今回のロンドンでのケースでは、女児は食器棚の上にあったクッキーを取ろうとした際、ドアの角にある金属部分に股間から落ち、陰部をケガしたとして病院に連れてこられた。そのとき、女児はパンツをはいていなかったという。

 しかし、治療に当たった医師は、股間を打ちつけたにしてはアザができていないことから、女児は”女子割礼”を受けたのではないかと警察に通報していた。

 警察が女の自宅を捜査したところ、キッチンから異様なものが見つかった。冷凍庫の中にヒモで縛られた牛タンの塊が入っており、ヒモをほどくと、中にはネジとナイフが入っていたのだ。

 さらに、40個ものライムや果物が入った容器もあり、果物の中には地域の検察官や社会福祉士らの名前が書かれた紙が入っていたという。

 これは、名前が書かれた人の口を黙らせるための黒魔術の一種で、母親が、自分が告発されないようにするためのものだったと考えられている。

 現在、女児はケアワーカーの保護を受けており、母親はイギリスにおいて女性器切除で有罪判決を受けた初めてのケースとなった。そして、懲役13年という刑の重さも(実際は、このうちの2年は別の犯罪によるもの)、親による児童虐待の罪深さを物語っている。

 ひるがえって日本では、親による児童虐待にはこれほど重い刑は科されていない。早急な対策が求められる。

参考:「The Daily Mail」、ほか

文=九十九 八十八

関連キーワード

コメント

7:匿名 2019年5月16日 12:17 | 返信

割礼が問題で逮捕されたんだけど。
あと、食品添加物で狂ったんじゃなくて、母親の出身地のアフリカの一部地域で古くからの悪しき伝統によりやっただけ。
食品添加物ができるずっと前から割礼はありました。

6:ああめんどくさい 2019年5月16日 11:54 | 返信

>> 5

交通事故<殺人
気が狂う、それによる虐待>割礼

記号をつけると意味がわかるよね?
どちらも問題なのだけど、強弱があるということ!

5:匿名 2019年5月16日 11:37 | 返信

>>4 いやいや割礼問題あるやろwww ってか土人は都会に出てくるなよ。

4:匿名 2019年5月16日 09:16 | 返信

>> 3

割礼に問題があるのではなく、この人の気が狂っていたことにこそ問題がある。
食の問題はかなり長くなるのでここでは言及は差し控えさせてもらうが、暇な時間を使っていろいろ調べてみると現代の食の事情はどれだけオワッているかわかると思う。

3:匿名 2019年5月16日 08:46 | 返信

>>1
女児割礼は古くからある風習だよ。
食品添加物の話に無理矢理結びつけるのは無理があるぞ。

2:匿名 2019年5月15日 22:46 | 返信

男子の割礼も同様。法律で禁止すべき。
割礼を行う宗教はすべて邪教。

1:匿名 2019年5月15日 22:28 | 返信

食品中に含まれる農薬だの添加物だのそういう毒物を摂取し続け、それが脳内に蓄積し、その結果、脳が誤作動を起こしこういうわけわからん事件へと繋がる。
個人的にはこういうわけわからん事件の本当の原因はそういうとこにあるとにらんでいる。
だから、こういうわけわからん事件をなくしたいと考えるならばそうした食品を食べないことと、そうした毒物まみれの食品を世にばら蒔く連中を倒す他ないんだよね。
法的にその人たちは守られているから倒せないわけだけどw
気がつく人を増やす他ないよね。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。