【閲覧注意】スカイダイビング着地失敗事故の“本人視点”映像が本気で恐ろしい! 迫る地上、死を覚悟する絶望の瞬間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】スカイダイビング着地失敗事故の本人視点映像が本気で恐ろしい! 迫る地上、死を覚悟する絶望の瞬間の画像1画像は、「YouTube」より

 スカイダイビングは空から地上へ落下するスポーツだが、常に危険と隣り合わせである。落下途中でパラシュートが開かなかったり絡まったりする事故のほか、地面に着地する際に転倒してけがを負うこともある。そんなスカイダイビング事故の決定的瞬間をスカイダイバーの視点からとらえた映像が先月、YouTubeなどで公開され、英紙「The Daily Mail」でも報じられた。

 ブラジルで撮影された動画は、上空から下界を見下ろしている場面からスタートする。いくつもの住宅の屋根とその間にあるグラウンドが見える。スカイダイバーはグラウンドに着地する予定なのだろう。しかし、強風が吹き付け、彼の体は建物の密集地へと流されてしまった。そして、目の前に迫る2階建ての建物! 彼の体は壁に激突して地面に落下する。仰向けに倒れた彼はすぐに体を動かしているので、命に別状はないようだ。もっとも、彼がどの程度のけがをしたのかは不明である。

 今回の事件は幸い死者が出なかったが、スカイダイビングには死亡事故のリスクも付きまとう。メキシコ・モレロス州で今年3月、18歳になったばかりの女子高生、ヴァネッサ・イヴォンヌ・メレンデス・カルデナスさんがスカイダイビングで死亡する事故が起こった。ヴァネッサさんは誕生日祝いとしてスカイダイビングにチャレンジしたが、パラシュートが適切に開かなかったため、約400メートルの高さから地面に叩きつけられた。インストラクターの1人も同様の理由で墜落死した。2人の遺体は草原で発見された。

 スカイダイビングを企画した会社は、パラシュートに不備があったわけではなく、2人のどちらかの行動が原因で事故が引き起こされたと主張する。死亡したインストラクターは4,500件以上のスカイダイビングを経験してきたプロフェッショナルだった。それにもかかわらず死亡事故が起きてしまった。誕生日を祝福するはずが、命を失うという悲劇に見舞われたヴァネッサさんは気の毒である。

 こうした事故が後を絶たないスカイダイビングだが、命懸けだからこその楽しみと快感があるのかもしれない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

3:匿名 2019年5月5日 15:48 | 返信

↓ こいつ クレイジー

2:トランプ大統領 2019年5月5日 08:19 | 返信

閲覧注意する動画ではない。地面にめり込まないとダメだ。決り手は浴びせ倒し!
日本でも同じ事例があった。土の地面にくっきり凹んだ跡が残っていた。漫画のようにだ。
鍛えていればもしかしたら、一人は怪我で済むかもしれないと思うとオラ、ワクワクすっぞ!
必ずダイビングする時には音声付で動画を撮ることを義務化して原因を明確にすべきであろう!
着地地点も同様にカメラで撮影するべきである。
何が起きたのか知らんが、女子が気を失ったのか?暴れて回転したのか知らんが
私が想像するとこうなる。突然、気分がいいから一緒に死のうなどと女子高生が言い始めてパラシュートを開くのを阻止してきて、何を言っているんだ?この子はとインストラクターは驚き、攻防が始まる。そのうちに地面に衝突して両者が相討ちになったのではないか?死ぬならお前だけ死ね!とインストラクターが拘束を解いて彼女をサーフボードのように乗って地面に衝突させれば、マッスルインフェルノの完成だ。これは正当防衛で無罪確定なので問題ない。スカイダイビングでもよくやるパフォーマンスなのでやって出来ないことは無い。これは過剰防衛にもならない。インストラクターが抑え込むのは逆に危険なので殺すしか方法がないはずである。

1:匿名 2019年5月5日 07:18 | 返信

なんだよこれ!パラシュート開かなくて死んだ閲覧注意!とかそういう話かと思ったら、ただ着地に失敗しただけという、、、そんなもんいちいち記事にするな!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?