戦争や震災ドラマが子供に悪影響を与える!? いよいよ意味不明になってきた報道規制の現状を業界人が暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
関連キーワード:

,

,

,

 テレビの世界の平成という時代を振り返るとき、規制が強化された時代と表現する業界関係者は多い。その流れは令和の時代にも引き継がれる予感があるが、最新の規制事情を聴くと驚愕の実情が明らかになった。

「タバコやアルコール、薬物などを使用するシーンはたとえヤクザ映画や暴力映画でも規制が入っています。そのため、表現手法は次々に削られている状況ですが、ついには戦争もNGになりつつあるんです」(在京テレビ局ドラマ部門スタッフ)

 戦争がNGとはどういうことだろうか。

「映画やドラマのひとつのジャンルとして戦争ものってありますよね。これが丸々、今後は作れなくなる可能性が出てきているんです」(同)

 信じがたい話だが、なぜそんなことになっているのか。

「無論、発端は苦情です。戦争は悪いことであり、それを子供に見せるのは悪影響だというクレームが来るんです。また、人が死ぬシーンを見せるのも恐怖心を与えるということで、戦争を題材にした映画はまだしもドラマに関してはかなり企画が通りにくくなっています」(同)

 たしかに戦争は良くないことだ。しかし、終戦記念日などの前後には教訓として受け継ぐ意味でも重要な戦争ドラマがあるはずだ。

「テレビ局としても戦争を賛美するようなドラマを作っているわけではなく、この日本がかつて誤った道を歩んだ日を知るための作品として届けているつもりです。しかし、戦争を日本がおこなったことを子供に知らせるのは悪影響だから戦争ドラマを作るなという意見が親御さんなどから届くんです。学校の教科書に載っているのに、おかしな話だとおもいませんか」(同)

関連キーワード

コメント

7:匿名 2019年5月6日 22:36 | 返信

謎の市民団体、反日左翼
死ね

6:匿名 2019年5月6日 15:20 | 返信

逆だよ
恐怖心を抱かせないようにイチャモンつけてるんだよ
一般人の振りした誰かさん達が
そうしないと戦争ビビって誰もやらないだろ?

5:匿名 2019年5月6日 14:12 | 返信

最近は、ほんのひと握りの苦情に過剰反応し過ぎ!
その意見がどう影響するのかを考察する前に、世論の恐怖心だけで判断している事がそもそも問題だと思う。
要は上の考える力が足りていない事と、責任回避行動が世の中に悪影響をもたらしていると思うね。

4:匿名 2019年5月6日 12:22 | 返信

昔話やおとぎ話 童話をハッピーエンドに書き換えても
アホガキはアホガキのままw
それどころか《かちかち山のウサギ》が 
過剰な報復で裁判される始末
本当の かちかち山の狸は じいさんに嫌がらせして捕まり
婆さん騙して縄をほどかせ 婆さん殺して皮はいでかぶり
婆さんの肉で作った婆汁をじいさんに食わせた
こんなの示談ですむか?!な内容なのにな

3:匿名 2019年5月6日 09:05 | 返信

〉いよいよ意味不明になってきた報道規制

もともとなんですが、、、
それも戦後テレビ放送が始まってからまともな報道など一度もされていないのですが何か?

2:匿名 2019年5月6日 09:02 | 返信

>> 1

⬇️こういう低能コメントも見なきゃ良いじゃんw

1:匿名ナナ 2019年5月6日 08:10 | 返信

見なきゃ良いじゃん!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。