火星に「地下鉄丸ノ内線」が走っていることが発覚か? 火星の地震音が地下鉄の音に超ソックリ…決定的証拠!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

【衝撃】火星に「地下鉄丸ノ内線」が走っていることが発覚か! 火星の地震音が地下鉄の音に超ソックリ…決定的証拠!の画像1
画像は「UFO Sightings Hot Spot」より引用

 先月6日に火星で“地震”が観測されたていたことをNASA(アメリカ航空宇宙局)が発表、23日に公式ツイッターアカウントで探査機「インサイト」が捉えた音声を公開した。

 海外サイトはマーズクウェイク(火星地震)と報じているが、火星には地球と同じような地殻プレートは存在しないため、その発生メカニズムは異なっている。現在のところ火星の地殻が冷却され収縮することで揺れが発生しているのではないかと考えられているが、詳しい内部構造は目下調査中とのことだ。

 NASAが公開している火星地震の音声は「ゴォー」という微細な振動音を捉えている。うーん、この音、どこか聞き覚えがないだろうか?

 UFO研究ブログ「UFO Sightings Hot Spot」(5月6日付)は、「地下鉄の走行音」にそっくりだと指摘している。参考に「東京メトロ丸ノ内線」の走行音(1:40~)を聞いてみて欲しい。似ていると感じないだろうか?

 トカナで何度も報じてきたように、火星にはかつて文明が栄えていた可能性が指摘されている。その証拠にいくつもの文明的遺物が見つかっていることは既報の通りだ。しかし、火星文明は核戦争によって崩壊したというのが定説である……。それなのに、どうして地下鉄が走っているというのだろうか?

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ